ヨーグルトの賞味期限が過ぎてる!開封、未開封の違いと活用方法

ヨーグルトの栄養や効果が注目されるようになり、今では身近な食材の1つとなりましたね。

確か冷蔵庫にヨーグルトがあったはず…あれっ?賞味期限が2日前!?

お買い得の時にまとめ買いしたものの、使いきれずに賞味期限が過ぎてる…。

こんなこと、ありませんか?

賞味期限が過ぎてしまったヨーグルトは食べても問題ないのでしょうか?

未開封の場合と開封した場合で違いはあるのでしょうか?

未開封ならまだしも、やはり開封したものは捨てるしかないと思いがちですが…

ちょっと待ってください!!

そのヨーグルトを捨ててしまう前に!こんな方法で活用してみませんか?

※今回は、プレーンヨーグルトの場合に限ります。

【スポンサードリンク】

未開封の場合の賞味期限

まず始めに、未開封の場合のヨーグルトの賞味期限についてお伝えします。

賞味期限=風味を損なわず、美味しく食べることが出来る期間
消費期限=風味を損なうことや、安全面に問題が生じる可能性があることから期間内に食べるよう設定されたもの

未開封の場合、1週間程度であれば美味しく食べることが出来るというデータが多く挙げられています。

・発酵食品は、腐敗しにくい。
・乳酸菌には菌の繁殖を抑える働きがある。

これらの理由から、賞味期限が過ぎていても食べることに問題はないと言われています。

ですが、これには保存状態や個人によっても異なるため、絶対に大丈夫!とは言い切ることが出来ません。

また、賞味期限を過ぎている訳ですから味や風味はもちろん落ちてしまい、酸味が強くなることもあります。

【スポンサードリンク】

開封後の賞味期限

次に、開封後の賞味期限についてお伝えします。

開封後の場合は、 賞味期限に関わらず2・3日程度で食べきることをおすすめします。

1度開封したことで、冷蔵庫内であっても劣化は進み、いくらきちんとフタをしていても細菌が入り込むことがあります。

お腹を壊すだけでなく、食中毒を引き起こす可能性もあるので、なるべく早めに食べきるようにしましょう。

では、開封後に賞味期限を過ぎてしまったヨーグルトや、未開封でもそのまま食べるのは抵抗がある場合はどのように活用すれば良いのでしょうか?

2つに分けてご紹介します!

活用方法~料理編~

調理中に加熱することで、殺菌させる方法です。

カレーに入れる

→優しい味つけになり、お子さんも食べやすくなります。

ケーキやマフィン、クッキー等に入れる

→栄養価も高くなる他、パンケーキに入れるとよりふっくらとさせることが出来ます。

お肉に漬け込む

→代表的なのはタンドリーチキン、その他の肉もヨーグルトに漬けておくことで肉を柔らかくすることが出来ます。

活用方法~美容編~

口に入れるのはやっぱり不安…という方におすすめなのが、ヨーグルトパックです!

ピーリング効果
(ヨーグルトに含まれるフルーツ酸の効果により、古い角質を取り除くことが出来、毛穴の汚れを落とす効果が期待されているため。)
ニキビ予防
(ヨーグルトに含まれる乳酸菌・亜鉛にはニキビの原因となるアクネ菌の発生を防ぐ効果が期待されているため。)
美肌効果
(ヨーグルトに含まれるビタミンは新陳代謝を高め、血行を良くしてくれるため。)

shutterstock_88313749-660x495

上記のような効果をもたらしてくれるヨーグルトパックの方法をご紹介します。

ヨーグルト+小麦粉or米粉

① ヨーグルトと小麦粉(米粉)を適量混ぜ、肌に乗せやすい固さにする。
② 肌に乗せ、10分程度経ったらぬるま湯で綺麗に洗い流す。

こちらがベーシックな方法です。

ヨーグルト+はちみつ

① ヨーグルトとはちみつを混ぜる。(ヨーグルトとはちみつの割合は4:1程度を目安に。)
② 肌に乗せ、10分程度経ったらぬるま湯で綺麗に洗い流す。

はちみつをプラスすることで、保湿効果を高めてくれます。

ヨーグルト+ココア

① ヨーグルトとココアを混ぜる。(ヨーグルトとココアの割合は2:1程度を目安に。)
② 肌に乗せ、10分程度経ったらぬるま湯で綺麗に洗い流す。

ココアに含まれるポリフェノールの効果により、肌の劣化を防ぐことが出来ます。
このため、シミやしわの予防にも効果が期待されます。

【注意点】

※頻度
→ピーリングは毎日行うと肌への刺激が強すぎることや、乾燥肌になってしまう可能性もあるので、週に1~2回程度にしましょう。

※アレルギー反応
→乳製品のアレルギーがある方はもちろん、小麦アレルギーのある方は小麦を混ぜる際には米粉にする等の配慮が必要です。
また、はちみつやココアも場合によって肌にアレルギー反応を起こす場合があるので、顔に付ける前に手の甲等でパッチテストを行うようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?

賞味期限を過ぎても、料理や美容に活用することで無駄な廃棄を無くすことが出来ますよね!

もちろん賞味期限内に美味しく食べることが1番ですが、賞味期限前に食べきることが難しそうと判断した際には冷凍保存もおすすめです!

乳酸菌としての栄養価は少し落ちてしまいますが、ヘルシーなアイスとして美味しく食べることが出来ます。

こちらも、ぜひ試してみて下さいね♪

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ