買ってきたニラが余ったら、冷凍保存しておこう!上手な冷凍保存の方法!

独特の強い味で、お好きな方も多いニラ。

餃子などにも入れることが多いので、意外と使う機会が多い野菜ですよね。

でもいざ使うとなると、余ってしまうことってありますよね。

野菜室などで保存しても、毎日ニラのレシピを考えるのは大変で結局いつも捨てるということもあるかもしれません。

そんな時に試してほしいのが、冷凍保存する方法です!

実はニラ、冷凍保存することで、長期保存化可能になり、しかも使いやすくなるんです。

では一体どんな方法でニラを冷凍保存すればいいのでしょうか?

そこで今回は、そんなニラを冷凍保存する方法についてご紹介しましょう!

覚えておけばかなり便利なので、是非目を通してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

ニラの冷凍保存方法!

それでは早速、ニラを冷凍保存する方法についてご紹介しましょう!

あなたが使いやすいように冷凍できますので、余ったら積極的に冷凍してみてくださいね!

必要なもの

キッチンペーパー

ラップ

フリーザーバッグ

輪ゴム(必要に応じて)

ご家庭でもよく見かけるアイテムばかりなので、とてもチャレンジしやすいですよね!

冷凍方法

1、ニラをしっかりと水洗いします。

そのあとキッチンペーパーでしっかりと水分をふき取りましょう。

2、使いやすいようにニラを切ってください。

みじん切りでも長めにカットしても構いません。

もし使い道が決まっていないのなら、ニラを半分に切り、輪ゴムで束ねておくことをお勧めします!

3、2をラップで包みます。

量が多い場合は小分けにしてそれぞれをラップで包みましょう。

4、3をフリーザーバッグへ入れます。

空気を抜きながら、封をしてください。

5、そのまま冷凍庫へ入れて冷凍させたら完了です!

とても簡単ですよね!

ポイント

ではニラを冷凍するときのポイントをご紹介しましょう!

<水分をふき取る>

実はニラ、とても傷みやすい野菜です。

だからこそ長期保存ができる冷凍保存がおすすめなのですが、この時水分があると冷凍庫でも傷みやすくなります。

冷凍庫では劣化は進まないイメージですが、実は少しずつ劣化しています。

その劣化スピードが速くなってしまいますので、しっかりと水分は取りましょう。

バラバラになるので、使いやすさもアップしますよ!

保存できる期間は?

ではニラはどの程度冷凍保存できるのでしょう?

3~4カ月ほど持つという意見もありますが、基本的には1カ月がめどだと思います。

冷凍している場合も、できるだけ早めに食べることでよりおいしく食べることができますので、1カ月をリミットにしておきましょう。

それでも冷蔵保存では4日ほどしか持たないので、かなり長い保存期間となります!

<こんな状態はNG>

冷凍保存をしていても、いざ使うときにだめになっていることもあります。

ただニラはもともとにおいの強い野菜ですよね。

もしかしたらほかの食材よりもダメになった時、見分けるのが難しいかもしれません。

ただポイントを押さえれば見分けるのも簡単です!

基本的には以下のような点があればダメになっていると思ってください。

・茶色い汁が出ている

・どろどろになっている

・ぬるぬるしている

・切った時よりもにおいが強い、または別の変なにおいがする

以上の場合です。

こういった場合は残念ながら食べられませんので廃棄してしまいましょう。

【スポンサードリンク】

冷凍ニラの解凍方法は?

では冷凍したニラの解凍方法とは、一体どうすればいいのでしょうか?

実はとても簡単なんですよ!

基本は解凍しない!

ニラを自然解凍や電子レンジなどで解凍させると水分でべちゃべちゃになります。

ですので基本的には凍ったまま料理に使いましょう。

とても便利ですよね。

輪ゴムで縛って冷凍した場合は

この場合も凍った状態で切っていきます。

輪ゴムでニラを束ねており、切りにくいということはないと思いますので、安心してください。

適度な大きさにもみじん切りにも使えます。

もし余った場合は、そのまままた冷凍することができます!

ただし、切るのに時間がかかって解凍されていたら再冷凍はせずに使ってしまいましょう。

ニラは余ったら積極的に冷凍しよう!

ニラはそのままでは意外と足の速い野菜。

だからこそうまく保存することがとても大切です。

是非今回ご紹介したニラの保存法を使って、うまく使い切ってくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ