フードプロセッサーとミキサーの違いについて知りたい!

フードプロセッサーという調理器具が今大人気ですよね!

テレビ等でもよく紹介しているのを見るという方も多いと思います。

でもミキサーとどう違うの?と思った方もいるのではないでしょうか?

確かにフードプロセッサーとミキサーは作りや形状も少し似ていて、できることも似ているような印象ですよね。

そこで今回は、そんなミキサーとフードプロセッサーの違いについてご紹介します。

一体どんな事が似ていて、どんなところが違うのでしょうか?

【スポンサードリンク】

あなたは知ってる?フードプロセッサーについて!

まずはフードプロセッサーについてご紹介しましょう。

一体どんな事ができるのでしょうか?

様々な事が対応可能です

アイテムによってかなりできることが違ってくるのですが、基本的にいろんな事に対応可能です。

フードプロセッサーはそもそも料理の下ごしらえの為を楽にするために作られたものです。

ですので基本的に「きざむ」「まぜる」「つぶす」といった事を行うのに向いています。

また、固形物を粉砕するのにもこちらのフードプロセッサーがおすすめです。

肉をミンチ状にしたりといったこともできますので、本当にいろいろと使えて一つあればとても便利なアイテムです。

苦手な事

基本的にはどんなことでも対応可能なのですが、液体を作ることは少し苦手です。

潰したり刻むことができるので、全く作れないわけではありません。

ただ、少し粗い仕上がりになってしまいます。

もちろん食感を残したい時などには向いているのですが、なめらかにしたい時は不向きです。

あなたは知ってる?ミキサーについて!

それではミキサーはどうでしょうか?

液体やペースト作りにもってこい!

ジュースやスープといった液体を作るのがミキサーの得意技です。

水分と一緒に入れて食品を粉砕しますので、とてもなめらかなものが出来上がります。

また、ペースト状の物を作るのにも向いています。

短い時間にすれば少し食材を残して仕上げることもできますし、しっかりと混ぜれば食感を残さずに仕上げることもできます。

時間がない朝にフレッシュなジュースが飲みたいという時も、あっという間にジュースを作ることができます。

また、喉ごしの良いスープを作りたい時にもぴったりですよ。

苦手な事

固形物を粉砕するのが苦手です。

ミキサーは水分を入れないと壊れてしまいます。

ですのでどうしても固形物をそのまま粉砕することができません。

きざむといったことは、ミキサーで行う事ができません。

【スポンサードリンク】

フードプロセッサーとミキサーの違いは?

二つの調理器具についてみてきました。

それではその違いについてまとめてみましょう。

それぞれの得意な事

フードプロセッサーは料理の下準備用の器具として生まれましたので下準備が得意です。

固形物でも問題なく仕上げることができます。

ミキサーは液体やペーストを作るのに向いています。

なめらかで喉ごしの良い物を作るのならミキサーですね。

それぞれの苦手な事

フードプロセッサーは液体を作るのが苦手でした。

どうしても粗い仕上がりになるので、なめらかな物を作るのには適していません。

反対にミキサーは固形物を粉砕することができません。

液体を入れて作る必要があるので、きざんだりといったことはできません。

よく見てみると、お互いの苦手な事を補うような存在だといえますよね!

一見すると似ているようですが、真逆の機能を持っているという事ができますね。

代用はできる?

それではどちらかの代用はできるのでしょうか?

ミキサーは十分な水分がないと壊れてしまいますので、刻んだりといったことは無理です。

ですのでフードプロセッサーの変わりはできません。

逆にフードプロセッサーは粗くはなりますが液体を作ることはできます。

ですのでフードプロセッサーがミキサーの代用をすることはできそうですよね!

もしどちらか一つだけがほしいというのなら、まずはフードプロセッサーにしてみてはいかがでしょうか?

あなたのお好みに合わせて選んでみてください!

料理の下準備をしてくれるフードプロセッサー。

そして液体等をあっという間に作ってくれるミキサー。

どちらを買おうか迷っている方は、あなたにとってどちらが便利なのか、考えて手に入れてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ