アパートとマンションの違いって何?防音性など違いを分かりやすくご紹介!

アパートとマンション、この違いってきちんと答えられますか?

実物を見ると大体は区別することができますが、その違いの理由までこたえるとなるとかなり難しいですよね。

またなんとなく防音性もマンションの方が高くてアパートの方が低い、というようなイメージもありますが、実際はどうなのでしょう?

そこで今回は建て方だけではなく防音性なども含めて、アパートとマンションの違いについてご紹介します!

防音などは人によって家を選ぶとても大切な事項の一つです。

ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

アパートとマンションの違いって?防音性は?

それではまず、アパートとマンションの違いについてご紹介します!

防音性などそれぞれ比較しながらご紹介しますので参考にしてくださいね。

法律的な違いは?

実は法律的にアパートとマンションには違いはありません。

どちらも「集合住宅」というジャンルになり、そこをアパートと呼ぶかマンションと呼ぶかどうかに決まりはないんです。

ただ不動産屋で物件を見る時は、集合住宅が「アパート」と「マンション」の二つに分けられていることは確かです。

一般的な違い

法律的に違いはなくても、不動産屋では違いのあるアパートとマンション。

実は不動産業界ではこの二つを分ける、主流のようなものがあります。

それは建物の建てられ方。

具体的に言えば「木造」なのか「鉄筋コンクリート」なのかという事です。

基本的に木造の集合住宅はアパートと呼ばれます。

また軽量鉄骨(プレハブ)で作られた物もアパートと分類されることが多いようです。

反対に鉄筋コンクリートで出来た集合住宅はマンションと呼ばれます。

また鉄骨造りの物もマンションに分類されることが多いようです。

こういった事を参考にしながら分けられているようです。

ただ、すべて不動産会社が同じ振り分け方をしている、というわけではありません。

法律的に明確な違いがない以上、あくまでもその不動産会社の分け方になります。

ですので、木造や軽量鉄骨のマンションもありますし、鉄筋コンクリートのアパートもあります。

防音性

では防音性に関してはどうでしょう?

この場合は「アパート=木造・軽量鉄骨」「マンション=鉄筋コンクリート」という考えからでご紹介します。

結論から言うとマンションの方が防音性は比較的高いです。

木造や軽量鉄骨のアパートは、音を通しやすく防音性が高いとは言えません。

現在は防音パネルなども取り入れられていますので、そこまで音は気にならないとは思います。

ただどうしても気になる方は、やはり一度そのアパートの部屋へ行ってみるのが一番いいですね。

反対にマンションはアパートよりは防音性に優れています。

ただ完全防音というわけではないので、こちらも気になる方は一度部屋を見てみましょう。

極端に安いマンションの場合は、隣との壁が薄くなっており、あまり防音性が高くないこともありますよ。

費用

では家賃や共益費等の費用はどうでしょう?

こちらも防音と同じような考え方をすると、マンションの方が高いです。

その分防音などしてくれていることもありますが、出来るだけ安い所をお探しの方は向いていないかもしれません。

エレベーターなどの補てん費などがかかる場合は、更に共益費が高くなります。

もちろん極端に安いマンションはそういった費用も安い場合がありますし、アパートでも費用がかかる場合もあります。

毎月の費用の事など、気になる方は不動産業会社とよく話し合ってみてください。

コーポやハイツって?

ちょっと脱線しますが、アパートやマンション以外にも、「コーポ」や「ハイツ」と名前のついた集合住宅をよく見かけませんか?

これらの違いも気になりますよね。

実はこの二つはただの名称であって、アパートとマンションのように不動産業界でも分けられているわけではないようです。

大家さんなどがこういった名前をつけただけなんです。

また、コーポはマンションやハイツはアパート、といったわけ方もありません。

マンションでもコーポやハイツと名の付く物もありますし、アパートでも同じです。

【スポンサードリンク】

アパートとマンションには明確な違いはない!

アパートとマンションは、法律的には同じ「集合住宅」のことを差します。

ただ、不動産会社では分けられている以上、こういった違いを覚えておくと便利ですね。

ぜひあなたも違いを覚えてあなたにあったお部屋を探してみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ