対義語と類義語ってどう覚えたらいい?効率の良い覚え方をご紹介!

【スポンサードリンク】

漢検などでもよく登場する、対義語と類義語。

それぞれの漢字に加えて、意味も理解しておく必要がありますよね。

でも一つの単語に対して、対義語と類義語を丸暗記しようと思うと、かなり大変な作業です。

対義語と類義語に関しては、ちょっと覚え方を変えるだけで、劇的に覚えやすくなることをご存知ですか?

では、そんな覚え方とは一体どんな覚え方なのでしょう?

そこで今回は、対義語と類義語を効率的に覚える方法についてご紹介しましょう!

是非参考にしてくださいね!

対義語と類義語の覚え方!

それでは早速、対義語と類義語の覚え方についてご紹介しましょう!

一体どんな覚え方が効率よく覚えられるのでしょう?

そもそも対義語と類義語を理解してる?

まずは対義語と類義語についてご紹介しましょう。

・対義語

ある単語に対して「反対の意味を持つ」単語のこと。

例)「長所(良い所)」の対義語は「短所(悪い所)」。

・類義語

ある単語と「同じような意味を持つ」単語のこと。

例)「家」と「住宅」はほとんど同じ意味なので、類義語。

このニュアンスがとても微妙な物もありますが、よく意味を理解していれば大丈夫です。

では実際に覚える時はどうすればいいのでしょう?

意味を覚えよう!

例えばある単語の対義語を覚える時に、その対義語を何度もノートに書いて覚えるという方もいると思います。

ただこの方法、もちろん人によりますが、毎回書いても覚えられないという方には、あっていない方法です。

類義語と対義語でまず大切なのは「その単語の意味を知ること」です。

・ドリルをやってみよう!

漢検のドリルや、英語のドリルなど、対義語や類義語の問題が掲載されているドリルをやってみましょう。

大切なのは「分からない問題」です。

問題をやっても分からない、というものは答えを見て確認しましょう。

3秒以上かけても分からない物は、分からないものとしましょう。

答えを見たらもう一度ドリルをやってみます。

今DS等ゲームを使ったドリルもあります。

こういった物を使うのもおすすめですよ。

・読めない単語はない?

どんな単語を覚える時も、まずはその単語が自然と読めるかどうかが大切。

暗記をする上で、読める読めないというのは、かなり大きな意味を持つからです。

実は脳の仕組みで、読めない物は記憶しにくいという性質があります。

逆に言えば読めれば覚えやすくなるという事なので、読めるようにすることが大切なんです。

もしドリルをして答えを見ても読めないものがあれば、まずは読めるようにしましょう!

・ノートはあなたの苦手を詰め込んだノートに!

何度やってもできなかった物は、ノートに取りだしていきましょう。

単語と読み、意味を一回ずつ書き、ポイントなどがあればまとめておくといいですね。

このノートはあなたの苦手ノートとなりますので、通勤通学の間に読めば苦手を克服しやすくなりますよ!

辞書はかなり有効的

類義語と対義語は、明確に判断できる物ばかりではありません。

そんな時は辞書を引いてみましょう。

実はこの辞書、対義語などを覚える時にとても役立つアイテムなんです。

新しい単語を覚える時、辞書を引くとかなりの確率で対義語や類義語が書いてあります。

これを一緒に覚えておくというのもかなり有効的な覚え方です。

・まとめて覚えておくことで覚えやすくなる!

普段単語の意味を調べる時、あまり対義語などに関心を向けないかもしれませんが、実は対義語などを覚える時は、一緒に覚えるのがおすすめ。

関連付けて覚えることで、覚えやすさがアップします。

一日の勉強時間は短めに

対義語類義語に限らず、こういった暗記物は、長い時間だらだらと続けていても意味がありません。

人間の集中力が続くと言われているのは、およそ15分。

一日の勉強時間は、15分を一つのめどとして行うといいですね。

そこで終ってもいいですし、一度休憩を入れるのもおすすめです。

特にお忙しい方はそんなに時間も取れないでしょうし、短い時間で集中して覚えてください。

【スポンサードリンク】

効率よく、短時時間始めよう!

対義語類義語はまずその単語を見めるようになり、意味を理解することが大切。

紙に何回も対義語を書くのではなく、単語の意味を知っておくことでボキャブラリーも増えます。

ぜひ今回ご紹介した方法で、対義語、類義語を覚えてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ