登山の時はどんな服装が最適?夏のメンズ用登山服についてご紹介!

夏のレジャーとして意外と多いのが登山。

動く分どうしても暑くはなりますが、爽やかな風を感じることもでき、登山に人気の季節です。

とはいえ軽装等で行くと、夏の山は突如として牙をむく時もあります。

実は夏でも山は低体温症になる危険があるのです。

そこで大切なのは登山の服装。

きちんとした夏用の服装で臨むことで、そういった危険を回避することができます。

今回はメンズに注目して、登山用の服装についてご紹介しましょう!

夏用メンズ服にお悩みの方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

登山はどんな服装で行けばいいの?~夏のメンズ編~

それでは早速、夏の登山にぴったりなメンズの服装をご紹介しましょう。

基本的な事ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

レインウェア

雨が降っていなくても大切な事は、このレインウェアを持っておくことです。

登山をするうえで「濡れる」という行為は、とても危険な事です。

同じ気温でも、肌が乾いた状態とぬれた状態では寒さが変わってきますよね。

普段はちょっとしたことでも、山ではこのことが原因で低体温症となり、夏の山で亡くなる方もいらっしゃいます。

汗でぬれてしまう事は仕方のないことだとしても、雨に打たれてぬれるのはある程度防ぐことができます。

山の天気は変わりやすいので、いつ雨が降るか分かりません。

ですので必ずレインウェアを持っておきましょう。

とはいえビニールの薄いものではだめです。

撥水性はもちろん、透水性の高いものを選びましょう。

これで外からの水ははじき、中の汗は外へを追い出すことができます。

寒くなるとウィンドブレーカーとしても使えますよ!

体温を維持し風も通さないので、アウターの代わりにする方も多いです。

インナー

暑いからインナーなんて、と言って着ないのはNG。

登山においてインナーをとても大切な役目があります。

汗を吸収し、速乾性のある生地で肌を常にサラサラの状態にしてくれます。

そして汗による「汗冷え」を起こしにくい状態にしてくれますよ。

選ぶ時に大切なのは、汗を吸いこみ、速乾性があるかどうかです。

コットンや綿などの素材のものは、速乾性がありませんのでNGです。

夏場なので適度に冷たくしてくれる、涼感機能のあるものでもいいですね。

こちらは「ベースレイヤー」とも言われていて、必ず着るようにしてください。

トップス

インナーの上には必ず「ミドルレイヤー」と呼ばれるトップスを着ましょう。

この時、大切な事は「長袖を選ぶこと」。

山は意外と怪我をしやすい所なので、肌を露出させると危険です。

また紫外線も地上より強いので、紫外線から肌を守る役目もあります。

その他にも換気や汗や湿度の発散などの目的もあります。

パーカーや薄手のウィンドブレーカー、ジッパーシャツなど、首元を開けて換気しやすく、長袖のものを選びましょう。

ミドルカット、もしくはハイカットの登山靴を履きましょう。

足首までしっかりと保護してくれます。

また、重要なのはきちんと履いて慣らしておくことです。

買う時はもちろん、登山の日までに何度か履いて、慣らした状態にしておきましょう!

また登山用の靴下もありますので、購入しておきましょう。

ボトムス

基本的にはパンツスタイルとなります。

ただ、今は必ずしも長ズボンである必要はなく、登山用のハーフパンツもあります。

こういった物を利用して登山するのももちろんOK!

ただし、ストレッチ性があるもの、もしくは立体断裁されている物を選びましょう。

またハーフの場合はタイツを履いておくことも大切です。

足とはいえ肌の露出は危険です。

歩くサポートをしてくれるようなものもあるので、必ずタイツを履くようにしてくださいね!

帽子

地上よりも涼しいとはいえ、日差しはきつい山。

しっかりと帽子をかぶりましょう。

登山用に帽子を買うのもいいですし、キャップをかぶってもいいですね。

また、手の露出が気になる方は、夏用にメッシュのグローブを用意するのもおすすめです。

夏でも快適に使う事ができますよ!

【スポンサードリンク】

登山に適した服装で、快適に山に登ろう!

登山の服装はお洒落さだけでなく、機能性もとても大切。

適した服装にすることで、思わぬ事故も防ぐことができます。

今回ご紹介したような服でも、お洒落にすることも十分可能です。

ぜひコーデも楽しみながら、登山服を選んでみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ