なかなか当たらない宝くじ、当たる方法が知りたい!

当たることの方が少ない宝くじ。

たとえ当たっても何百円というレベルで、毎回がっかりするという方も多いはず。

でも宝くじを行う限り、誰かは当たっているわけですよね。

人によっては高額の金額を何度もあてる方もいるんだとか!

なにか当たる方法はあるのでしょうか?

今回はそんな宝くじが当たるかもしれない方法についてご紹介します!

気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

宝くじが当たる方法ってあるの?

まず申し上げておきますが、今からご紹介するのはあくまでも統計上そうであったというだけです。

そうすれば必ずしも当たるというわけではないという事を、まずお伝えしておきます。

ではそのことをふまえて、当たった人が実践していたことをご紹介しましょう!

当たった人の多くが行っていたこと

・縁起のいい日(大安や一粒万倍)の日に買う。

・財布は黄色。

・当たる夢を見たら買う。

・家の西側にある場所で買う。

・毎回同じ店で買う。

・一回に買うのは30枚まで。

・買い方はバラ番が20枚、連番が10枚。

・笑顔の店員さんから買う。

・お釣りのないようにお金を用意していく。

・ラッキーナンバーを決めておく。

・比較的当選確率の高い上の2ケタが「10,11,18,19」の物を選ぶ。

見ていただくとわかるように、本当にゲン担ぎのようなものです。

ちょっとした事ですが、こういったルールを決めて買う方によく当たるそうですよ!

ただ最後の上2ケタに関しては、試してみても損はないかもしれませんね。

保管場所にも注意して!

気をつけるのは、なにも購入する時ばかりではありません。

保管方法もとても大切な要因の一つです。

・財布か神棚に入れておく。

・神棚があっても、水回りの近くには保管しない。

・黄色の袋に入れておく。

・家の西側に保管しておく。

こういった事をしている方が当たった方には多いようですよ!

取り入れてみてはいかがでしょう?

運の良い人がいる?

宝くじはなにも一生に一だけチャンスがある、というわけではありません。

宝くじを買えばその分だけチャンスはあります。

もちろん当たる方は少ないわけですが、それでも何度も高額が当たったという方もいらっしゃるようです。

そんな方の統計を取ると、ちょっとした特徴があったようですよ。

・日ごろの行いが良い人。

・ポジティブな人。

・悪口を言わない人。

・毎日掃除(特にトイレ)をする人。

・お金を大切にする人。

・財布がきれいな人。

こういった方は運がいい方に多いと言われています。

特にお金や財布に関しては、こうしておくことでお金に好かれるとも言われています。

もちろんこういった方でも当たらない方はたくさんいらっしゃいます。

ただ、人として見習いたい部分はありますよね。

そういった部分は取り入れてみてはいかがでしょう?

運も向いてくるかもしれません!

【スポンサードリンク】

当たったらどうすればいい?

たとえば、もしあなたが上記のようなことを試して、高額が当たったとします。

そうなったらあなたはどうしますか?

実は大金は大金の使い方というものがあります。

それを知らないと不幸になってしまうかもしれません。

基本的には誰にも言わない

悲しいことですが、大きな金額のお金というのは人を変えてしまいます。

実際に一等が当たった方で不幸になったという方はいらっしゃいます。

ご本人に非がなくても、殺されてしまったり自殺未遂してしまう方も多いようです。

そうならないために必要な事は「人に当たったことを伝えない」事が鉄則です。

友達はもちろん、親や兄弟にも伝えない方が良いでしょう。

実際に兄弟に殺されると言った事件もあります。

もし取材が来ても断ることが大切です。

お金に関する知識を手に入れましょう

大金が手に入ると派手に使ってしまいがちですが、当たったお金は意外とすぐになくなってしまいます。

そうなっても派手な暮らしをするとお金がなくなってもその生活がやめられなくなります。

ですので思い付きで使うのではなく、計画的に、そしてお金に関する知識をしっかり手に入れてから使うようにしましょう。

例え一等が当たっても、それだけでは一生暮らせないことを忘れないようにしてください。

当てたい方は、今回の記事をぜひ参考に!

宝くじの当選確率は、なんと1000万分の1!

だからこそ当たった時に夢がありますよね。

一度は当てたいという方は、今回ご紹介したようなことを実践してみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ