旬の食材を使って料理を楽しもう!メリットや効果も知りたい!

季節ごとに食べごろを迎える食材のことを”旬の食材”と言います。

旬の食材は、大量に収穫できるので安価で新鮮ですので、どうせ買うならメリットの大きい旬の食材を選びたいですよね。

旬を迎えた食材は栄養価が高く、その時期に起こりやすい体調不良を改善する効果があります。

体調を整えること以外にも、美肌効果のある食材も沢山あるので、旬の食材はどんな人にもメリットがとても大きいんですね。

今回は、メリットずくしな季節ごとの旬の食材と体への効果とともに、おすすめレシピをご紹介いたします!

【スポンサードリンク】

季節で見る旬の食材

● 春の食材

① アスパラガス

主成分であるアスパラギン酸は、新陳代謝を促し、疲労回復やダイエットに効果があります。

カロテンは病気に対する抵抗力を高めてくれます。

ビタミンE、ビタミンCも摂取できるので、老化防止や美容、ガンの防止にも効果的です。
✿バター醤油 アスパラとヤングコーン✿

② 筍

筍は食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消やコレステロールの改善が期待できます。

カリウムも豊富に含まれているので、むくみ防止や高血圧に効果的です。

白だしで簡単♪ たけのこご飯

③ アサリ
アサリは春と秋の2度産卵を行います。
3~4月にかけての春先は、産卵前の身が肥えている時期なので、栄養価が高い。
アサリにはビタミンB1と鉄分が豊富に含まれており、肝臓機能を強化し、貧血を予防してくれます。
血圧を下げる効果のあるタウリンも豊富ですので、生活習慣病の予防も出来ます。
アサリの酒蒸し

● 夏

① トマト

この時期のトマトは水分が多く、体の乾きを防いでくれます。

リコピンが豊富に含まれているので、免疫力を高め、ガンを予防してくれます。

他にも、細胞の酸化を防ぎ、老化を予防してくれる働きがあります。

簡単に一品!トマトと胡瓜のさっぱりサラダ

② なす

「秋茄子は嫁に食わすな」と言う言葉があるくらい、なすは体を冷やしてくれる効果があります。

なすの皮に含まれるナスニンは、強力な抗酸化作用があるので、がんの予防効果があります。

極ウマ♡ナスとひき肉のボロネーゼ風パスタ

③ 鱧

産卵を控えた6~7月は、最もおいしい時期と言われています。

はもには良質なタンパク質が多く含まれているので、免疫力の向上や、体力向上、疲労回復効果があります。

悪玉コレステロールや、中性脂肪を減らし、高血圧の予防効果もあります。

☆冷たい鱧(はも)湯引き~南高梅肉添え☆

● 秋

① さつま芋

食物繊維が多く、ビタミンC、ビタミンBが豊富に含まれています。

腸内環境を整えてくれるので、便秘改善、ニキビや吹き出物、シミの防止と、お肌にハリを与えてくれます。

お惣菜・再現!★サツマイモ・甘露煮

② れんこん

れんこんに含まれるビタミンCは、100g食べるだけで1日に必要な量を摂取することが出来ます。

レンコン♪人参♪コンニャク♪の甘辛煮物♡

③ 秋刀魚

この時期の秋刀魚は、血液をサラサラにし、心筋梗塞や動脈硬化を予防してくれるEPAが豊富に含まれています。

脳内の細い血管に弾力を与え、酸素や栄養価を全身に送る効果のあるDHAも豊富です。

ピリ辛揚げ焼き秋刀魚♪ご飯が止まらない~

● 冬

① 白菜

ビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウムが豊富に含まれて居ます。

美肌効果や風邪の予防、便秘改善に効果が期待できます。

心もあったまる、白菜のあんかけ

② ブロッコリー

ビタミンCがレモンの2倍も含まれており、風邪予防に効果的です。

カロテン、ビタミンB、リン、カリウムも多く含んでいるので、皮膚の免疫力向上などが期待できます。

ブロッコリーのサクサク!マヨパン粉焼き

③ 本マグロ

高たんぱく低脂肪の本まぐろは、とても栄養価の高い魚です。

血合いの部分にはタウリンやビタミンE、鉄分が多く含まれて居ます。

血圧や血中コレステロールを下げて動脈硬化を下げてくれる効果があります。

☆まぐろ漬け丼☆321☆

【スポンサードリンク】

旬の食材は財布に優しく、体にとても良い!

天候や気温などに左右されますが、旬の食材は他の季節に買うのと比べると安価に購入することが出来ます。

季節にあった体調不良を改善してくれる栄養素が豊富に含まれているので、季節にあった食材を食べて、健康を維持していきたいですね。

皆さんも、季節に合った食材を食べて、健康においしく過ごしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ