スマホとアイフォンって同じ物?違いについて知りたい!

今や主流の携帯電話となったスマホ。

若い方だけではなく、高齢の方でも便利だと使っている方は多いですよね。

でもちょっと気になるのはアイフォンという存在。

同じタッチ式携帯電話の中でも、かなり有名な存在ですよね。

ただ詳しくない方だと、このスマホとアイフォンは何か違いがあるのか疑問に思う方も多いはず。

では実際、スマホとアイフォンでは一体どんな違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、スマホとアイフォンの違いについて出来るだけ詳しくご紹介します!

何が違うのか分からない、という方はぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

スマホとアイフォンの違いって?

それでは早速スマホとアイフォンの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いなのでしょう?

アイフォンとスマホの関係

スマホとアイフォンは違いはありません。

スマホというのは「スマートフォン」の略で、アイフォンはそんなスマートフォンの一つです。

つまり「スマホという枠の中にアイフォンがある」という事です。

スマホにはアイフォン以外にも種類があるので、完全に同じものとはいえないかもしれませんが、反対に違いというものもありません。

なぜアイフォンが有名なの?

結論から言うと、スマホの中で大ヒットし一大ブームを巻き起こしたため有名になったんです。

アイフォンはAppleという会社が作ったスマートフォンです。

Appleが開発したiOSと呼ばれるスマホのソフトを組み込んでいます。

このソフトはアイフォンのみに組み込むことができます。

・Appleって?

りんごのマークでおなじみの「Macintosh(Mac)」と呼ばれるコンピューターを作っている会社です。

この会社がアイフォンというスマートフォンを作ったのは2007年。

これが世界中で大ヒットし、スマートフォンが現在のように主流になる要因を作りました。

日本では2008年より販売が開始され、今でも大人気のスマホとして愛されています。

このことから各社で様々なスマホが開発されました。

スマホ自体のブームが訪れ、アイフォンはまさにスマホブームの先駆者とも言えます。

・アイフォン大ヒットの要因

なんといっても「タッチ式パネルの搭載」です。

今では当たり前ですが全ての操作を画面に直接触って操作する方法は、2007年までは携帯電話にはない機能でした。

(一部のみタッチ式の携帯電話はあったようです)

こういった新しい挑戦がスマホブームを作ったんですね。

デザイン性も高く、使用されるアプリの審査も厳しいので、比較的安心して使えるスマホでもあります。

また、アイフォンは何年かに一度新しい機種が出ますが、どれもアイフォンというシリーズなので、ボタンの位置や操作法も大きく変わることは今のところありません。

機種変更したから位置から操作を覚えなおし!という事がないのも人気の一つです。

【スポンサードリンク】

アイフォン以外にもスマホはあるの?

ではアイフォン以外のスマホについてご紹介しましょう。

Android(アンドロイド)

Androidもかなり人気のスマホの一つです。

こちらはGoogleという会社が作った、Androidというソフトが入ったスマートフォンです。

Androidはauやドコモ、ソフトバンク等様々な会社が開発したスマホのソフトとして組み込まれています。

根本的なソフトは同じなのですが、機種によってボタンの位置や操作法が異なるので、全て同じように操作ができるわけではありません。

機種を変えるなら新しいものが良いという方は、Androidが良いかもしれませんね。

たくさんのアプリを選ぶことができますが悪質な物も多く、アプリを介したウイルス感染には気をつけなければなりません。

またカスタマイズも比較的自由で、文字の種類を変えることもできます!

こういったことはアイフォンには出来ないので、色々自分好みでスマホを変えたい!個性を出したい!という方はAndroidがおすすめです。

スマホと言えばアイフォンという方も多いのですが、今ではAndroidが好きだという方も多いんですよ!

スマホをアイフォンの関係が分かっていただけたと思います

アイフォンはスマホという枠の一つでした。

スマホブームの先駆者で世界的に大ヒットしたものだったんですね。

現在はそのブームのおかげで、Android等様々なスマホが出ています。

ぜひあなたお気にいりのスマホを見つけてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ