礼服とスーツって同じ物?違いについて知りたい!~男性編~

礼服とスーツの違いについて、あなたはキッチリと答えられますか?

女性の場合は基本的にはワンピースやドレスなどが礼服とされることが多いので、違いも分かりやすいと思います。

男性はドレスを着るわけにはいきませんよね。

礼服と言えばスーツというイメージの方も多いと思います。

でも本当は、男性用礼服とスーツは違いのあるものなんです。

とはいえ礼服とスーツの違いとは、一体何なのでしょうか?

そこで今回は男性用の礼服とスーツの違いについてご紹介します!

ぜひ目を通して、あなたもしっかりと使い分けてくださいね!

【スポンサードリンク】

礼服とスーツの違いって?~男性編~

それでは早速礼服とスーツの違いについてご紹介しましょう!

ご存知ない男性の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

礼服とは?

まず礼服についてご紹介しましょう!

礼服とは主に冠婚葬祭で用いられる「威厳をただす、または誠意を表わす時に着る服」とされています。

礼服と一口にいっても、礼服には格があり、場所に合わせて礼服を使い分ける必要があります。

正礼服と呼ばれる一番格が高い礼服は「夜間用」と「昼間用」に分かれています。

夜間用として使われるのが燕尾服やタキシード、昼間用として使われるのがモーニングコートなどです。

その下の格になる準礼装にも夜間用のファンシータキシード(スーツ)と、昼間用のディレクターズスーツがあります。

更に下の格となる略礼服には、ダークスーツやブラックスーツ等があります。

一番よく使われる礼服で、略礼服の場合は「フォーマルスーツ」という名前で販売されていることも多いようです。

結婚式やお葬式などでは、一般的にブラックスーツ(フォーマルスーツ)を着用します。

スーツ

ではスーツとはどんな物の事なのでしょう?

一般的には「同じ素材で作られたひとそろいの服」という意味があります。

広い意味で見ると男性の礼服もスーツの一つです。

礼服の中には「スーツ」と名の付く物も多いのですよね。

ただ、ビジネスや就活など日常生活できるスーツと、フォーマルな場所で着るスーツはちょっと違います。

【スポンサードリンク】

スーツとフォーマルスーツの違いって?

では日常で着るスーツとフォーマルな場所で着るスーツとはどんな違いがあるのでしょう?

ここでご紹介する色とは一般的なスーツの色、黒についてご紹介します。

礼服のブラックスーツの色は何度も染め直され、かなり濃い黒です。

ビジネススーツ等との一番分かりやすい違いはここにあり、より黒い色の物がブラックスーツです。

自分のビジネススーツは黒いからとお葬式などで着て行くと、見る人が見れば意外とその違いはわかる物。

恥をかくこともありますので、使いわけましょう。

素材

また、素材の違いも大きいです。

礼服はウールなどの高級な素材であるのに対し、日常的に使うスーツはポリエステルなどの安い素材が含まれていることが多いです。

これは光沢の差としても現れます。

礼服でも光沢のある物もありますが、ウールで出来ている物は光沢のない物も多いです。

反対に普通のスーツでは光沢のあるものが多いですよね。

光沢はお葬式ではふさわしくないので、着るとマナー違反だと言われることもあります。

普通のスーツはもちろん、礼服でも光沢のあるものはお葬式で気をつけてください。

また形も微妙に違います。

まずは襟。

普通のスーツにはAMTステッチという襟にそって施されたステッチがあり、これがあるとカジュアルさが増します。

反対にAMTステッチがなく、更に下襟が鋭角で、なおかつその先が上を向いているものはフォーマルな物です。

そしてもう一つはきれこみ。

ジャケットに切れ込みがあると動きやすさを重視した日常用のスーツ。

基本的にないものがフォーマルです。

最後はシルエットです。

ビジネススーツなどは動きやすく今の流行もあって、細身の物が多いです。

フォーマルなものはそう買い替えるものでもないので、体形変化にも対応できるようなゆったりとしたシルエットになっています。

とても微妙な差ではあるのですが、2つは同じものではありません。

恥をかかないためにも、同じスーツでも礼服とそうでないものは分けておきましょう。

その場に応じてしっかりと使い分けよう!

礼服とスーツは、微妙な差ではありますがしっかりと違いのあるものでした。

この違いは知っておかないと後々恥をかくこともあります。

そうならないように、しっかりと違いを知っておいてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ