年末の挨拶は外国の方へもきちんとしよう!英語で年末の挨拶をする方法!

一年のお礼の意味を込めて送る年末の挨拶。

年賀状を送る方には改めて送る必要もないかもしれませんが、親しい友達や知り合いにはそれとは別で挨拶をしたいという方も多いのでは?

同じ日本人であれば、そんなに悩むこともないかもしれませんが、ちょっと困るのが外国の友達。

英語で年末の挨拶をしようと思っても、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、そんな外国人の方へ英語で送る年末の挨拶の仕方をご紹介しましょう。

ぜひ今回ご紹介する英語を参考にして、しっかりと年末のあいさつをしてくださいね!

【スポンサードリンク】

年末の挨拶を英語でしよう!使える英単語

それではまず、年末の挨拶で使える英単語をいくつかご紹介しましょう。

ぜひご紹介する単語を使ってみてくださいね。

new year

「新年、新しい年」

新年というと年始の挨拶のようですが「新しい年」と訳すとどうでしょう?

「新しい年があなたにとって素晴らしい一年でありますように」といった年末に送る言葉として使えますよね!

みんなが知っていてしかも使う機会も意外と多いので、積極的に使ってみてください。

holiday season

「ホリデーシーズン」

海外の方はお正月よりもクリスマスの比重が多く、お正月でも”クリスマス”休暇でお休みだという方も多いです。

この長期休暇のことを「ホリデー」と呼びますよね。

クリスマス休暇はとてもメジャーなホリデーのシーズンなので「ホリデーシーズンを楽しんで!」というフレーズに使う事ができます。

日本人にはピンとこないかもしれませんが、ぜひ使ってみてくださいね!

appreciate

「感謝する」

年末の挨拶ですので、一年の感謝の言葉を入れたいですよね。

そんな時に使えるのがこの単語です。

Thank youでももちろんいいのですが、きちんと挨拶したいのならより丁寧なこちらの言葉がおすすめです。

ビジネスでも使う事ができますよ!

past year

「この一年」

例えば「一年お世話になりました」としたい時は”past year”を使います。

似たような言葉で”last year”がありますが、これは「昨年」ですので新年の挨拶用ですね。

更に近い言葉では”this year”がありますが、これは「今年」となりちょっとニュアンスが違います。

意外と知られていない単語ですが、ぜひ覚えておいてくださいね!

【スポンサードリンク】

年末の挨拶を英語でしよう!使える英語のフレーズ

それでは最後に、お勧めのフレーズをご紹介しましょう!

Have a good new year.

「よいお年を」

とても定番の言葉ですが、英語にするとこうなります。

親しい間柄の友人であれば、この一言だけでもいいかもしれませんね!

覚えておけば絶対に役立つフレーズです。

Thank you veru much for your help in the past year.

「今年一年、大変お世話になりました」

直訳すると少し意味が違いますが、「お世話になりました」という意味は英語でなかなか置き換えにくいそうです。

ですのでこういった文章になるようですね。

先ほどご紹介したappreciateを使っても文章を作ることができます。

「I appreciate your support and encouragement in the past year」

こちらの方がより形式ばった、丁寧な言い方になるようです。

ただ、どちらでもニュアンスは伝わりますので是非使ってみてくださいね!

With you the best for the next 365 days.

「次の365日が素晴らしくなりますように」

ちょっと変わった言い回しにしたい方は、こんな言い方はいかがでしょう?

“next year”でももちろんいいのですが、このフレーズだと印象に残る挨拶になるかもしれませんね。

気になった方は使ってみてはいかが?

I with everyone great health and success.

「皆さんの健康と更なる活躍を祈っています」

丁寧な文にしたいなら入れてみてはいかがでしょう?

挨拶を受け取った方も、きっと嬉しくなるはずですよ!

年末の挨拶で次の年も良い付き合いを!

年末年始や季節の挨拶はとても重要。

それは外国の方であっても同じはずです。

次の年も良好な関係であるために、ぜひ英語で挨拶をしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ