イディオムの覚え方ってどうしてる?ノートを使った覚え方をご紹介!

英語において重要なイディオムについてご存知ですか?

イディオムとは「熟語」または「慣用語句」の事を差し、英語を学ぶ上で重要なものの一つです。

このイディオムを覚えていないと、正確に英語を訳すことは困難となります。

ではこのイディオムの覚え方って、一体どうすればよいのでしょうか?

実はノートを使った効果的な覚え方があるんですよ!

そのノートを使った覚え方、どんなものか気になりますよね。

そこで今回は、イディオムのノートを使った覚え方についてご紹介しましょう!

英語を勉強中の方は、ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

イディオムの覚え方って?ノートを使って覚えよう!

それでは早速、ノートを使ったイディオムの覚え方についてご紹介しましょう!

まずは、イディオムについてご紹介します。

イディオムとは?

イディオムは熟語、慣用語句のことだとご紹介しましたが、具体的にはどんなものの事を差すのでしょう?

例えばtakeという単語で考えてみましょう。

単語そのものの意味は「取る」という意味です。

しかしこれに特定の語句がくっつくと、全く違う意味となります。

有名なのはoffです。

take offという言葉を聞いたことがある方も多いのでは?

これは「離陸する(~を脱ぐという意味も)」という意味です。

takeだけでは取るという意味ですが、全く別の意味となりますよね。

これがイディオムです。

単語同様、覚えるしかありません。

ではどう覚えればいいのか、見て行きましょう!

文章をノートに書いて覚えよう!

イディオムを覚える時、ノートに記述して覚えるのは効果的な方法です。

ただ、この時注意したいのが「文章を記入する」という事です。

単語の暗記でもそうなのですが特にイディオムの場合、それだけを覚えようとしてもなかなか覚えられません。

また覚えていても、文章への組み込み方が分からない場合が多いんです。

なので、文章を使って実際の使い方も覚えてしまう事が大切です。

・書くのは一回でOK

とはいえ、何度も書く必要はありません。

ノートを見開いて、左のページに文章を書き、右のページに訳を書くようにしましょう。

もしポイントなども細かく書きたいのなら、文章と訳は左のページに書いてしまって、右のページにポイントなどを書くようにするのもおすすめです。

この時ペンを変えたり、マーカーを使ったりすることで見やすく重要な部分が目に入るノートとなります。

できるだけ整理して綺麗に書くことで、頭の中も整理され、理解しやすくなりますよ!

・何度も書いて覚えたいならノートを変えよう!

文章となると、何回か書いて覚えたいという方も多いはず。

そんな何度も書く用のノートは別に用意しましょう。

必要な情報をまとめたノートは外で見返したりしますが、書くだけのノートは情報をまとめたノートがあれば不要なはず。

分かりやすいノートを作るためにも、分けておきましょう。

書いて覚えたら、まとめノートに戻り、文章を見て訳がすらすらと出てくるか、また訳を見て文章をかけるかといったテストを行いましょう!

苦手な文章は

前項でご紹介したテストを行うと、あなたの苦手な文章が分かります。

そういった文章は、まとめのノートに印をつけておきましょう。

どんな印でもいいのですが、分かりやすいものがおすすめです。

あなたの苦手を知ることで、そこを重点的に覚えることができます。

【スポンサードリンク】

ノートを使う以外のポイント

ご紹介しているノートを使った覚え方には、ノートを実際に使う以外にもポイントがあります!

ノートを使う前も重要!

ノートを使った覚え方についてご紹介しましたが、その前段階も大切です。

人の脳は、読める物を記憶しやすいという性質があります。

逆に言うと、読めないものは記憶しにくいという事ですね。

なので、文章をまずはすらすらと読めるようにしましょう!

それができたら文章を見て日本語訳が言えるかどうかをテストし、それから書きこむのがおすすめです。

復習は必ず行おう!

もう一つ大切な事は、復習することです。

ポイントは寝る前と次の日。

寝る前に今日の分のノートを読み返し、次の日に昨日の復習をサッと行いましょう。

サッと復習するだけでも、頭に残りやすくなるそうです。

コツコツやっていきましょう!

効率よく暗記しよう!

文章で記憶するとなると難しそうですが、英語力はこちらの方が身に付きます。

是非ご紹介したことを参考に、ノートを使って覚えてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ