骨抜きってどういう意味?恋愛でなぜ骨抜きというのか知りたい!

きっと誰もが一度は経験したことがある恋愛。

「恋愛をすると骨抜きにされる」なんてよく聞く言葉ですよね。

でも骨抜きってどういう意味でしょう?

なぜ恋愛関係の言葉で骨抜きなんて言葉があるのでしょう?

今回はそんな骨抜きの意味についてご紹介しましょう!

ぜひその意味を正しく知って、あなたも骨抜きになるような相手を見つけてくださいね。

【スポンサードリンク】

骨抜きの意味が知りたい!恋愛をしていてどんな状態のこと?

それでは早速、骨抜きの意味についてご紹介しましょう!

どんな状態になっている時に「骨抜き」というのでしょうか?

相手に強く惹かれている時に使います

「骨抜き」とは相手に強く惹かれている時に使う言葉です。

もう少し具体的に言うと「相手の魅力にひきつけられる」という事です。

その人のことしか考えられないほど、心を奪われて、夢中になることですね。

特につきあいたてのカップルや、片思いをしている時などによくつかわれる言葉です。

でもどうしてこれが「骨抜き」なのでしょうか?

意志を弱くするから骨抜き?

調べてみても「骨抜き」の歴史については分かりませんでした。

ただ、この骨抜きには「自分自身の意志が弱い状態にされる」という意味合いもあるそうです。

つまり、自分の意志よりも相手を優先する状態に「されてしまう」という事ですね。

自分自身曲げられない何かがある方って多いですよね。

これをされたら許せないことや、これはこうしたいと言った生きるための信念のようなものがあるという方も多いはず。

でも恋愛において「骨抜き」にされるというのは、こういった信念さえもなくなってしまう事です。

その人にメロメロになるあまり、信念や信条と言った物もなくなってしまう。

こういった骨のようなものですらなくなってしまうので「骨抜き」というのかもしれませんね。

恋愛以外でも使われる「骨抜き」

骨抜きは魚の骨などを取り除く、という意味だけではなく恋愛においての慣用句としても使われていますが、それ以外でも使われる言葉です。

骨抜きは慣用句として「なにかが弱体化した状態」と言った意味があります。

ですので、恋愛以外でも何かの主要な部分がなくなり乏しくなる状態を「骨抜き」と呼ばれます。

例えば、計画の主要な部分がなくなって内容が乏しい物を「骨抜き」と呼んだりします。

また約束や契約等に例外などを付加していくことで抜け穴ができるようなことも、「骨抜き」と呼びます。

意外といろんな事に使われているんですね!

【スポンサードリンク】

骨抜きにするにはどうすればいいの?

言葉の意味がわかったところで、相手を骨抜きにするには一体どうすればいいのでしょう?

男性も女性もとてもシンプルな事ですが、なかなかみんなができないことが大きなポイントです。

自分の出来る範囲で、相手を良く見て思いやること

いろんな方法があると思うのですが、全てはとてもシンプルな事です。

大切な事は相手をよく見てあげること。

よく見ることで、そのしぐさや話し方で相手の性格も見えてきます。

またいつもと比べて元気がない時等、いち早く気づいてあげることができます。

ただ、見ているだけではいけません。

思いやりもとても大切な要素です。

この思いやりがあれば、相手を支えることも励ますことも、元気にすることもできるんです。

疲れていたらそっとしてあげる、話を聞いてあげる、マッサージをする、また声をかけるだけでも違ってくるものです。

あなたが女性でも男性でも、あまり難しく考えすぎずに、相手をよく見て思いやりを持って接してあげてください。

まずは自分の出来る範囲で構いません、少しでも意識すれば、相手はあなたに骨抜きになるはずです。

自分にも余裕を持ちましょう

とは言え、自分に余裕がなければ上記のような事はまずできません。

こういったことをする余裕がないあなたは、休息が必要かもしれません。

一時的な事というならまだしも、そうでないのならいつまでたっても余裕は生まれません。

誰かを骨抜きにしたいと思っているなら、まずはあなた自身に少し余裕をもたせてみてはいかがでしょう?

綺麗な景色を見たり、好きな事をして心のリフレッシュをしてみてください。

あなたも誰かを骨抜きに!

その人しか見えないほど誰かを好きになる状態が骨抜き。

ぜひあなたも、一度は誰かのことを骨抜きにしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ