子供の高熱が続いてしまう原因とは?早く楽にしてあげたい!

子供の平熱は一般的に37度と言われており、38度を超えた場合は高熱と判断されます。

お子さんが高熱を出してしまった時は、やはり慌ててしまうものです。

初めてのお子さんの場合は尚更。子供よりも親の方があたふたとしてしまいますよね。

子供は、普通の風邪でも38度以上の高熱を出すことがよくあります。

1日程度で熱が下がれば親もそこまで心配はしませんが、高熱が3日、4日…と続くと不安になりますよね。

子供の高熱が続く時は、普通の風邪ではない、他の病気が原因の可能性があります。

そこで今回はその原因となる病気にはどのようなものがあるのか、まとめてみました。

【スポンサードリンク】

考えられる病気とは?

症状の特徴をおさえておき、いざという時に対応出来るようにしておきましょう。

突発性発疹

2歳までの子供がかかることの多い病気です。

・突然高熱が出る
・高熱と共に、または高熱のあとに発疹が出る
・下痢をすることがある

※水分補給をこまめにし、脱水症状にならないように気を付けましょう。

ヘルパンギーナ

4歳以下の子供がかかることの多い、夏風邪の1種です。

・口内、特に喉の奥の方に水ぶくれが出来る
・水ぶくれの痛みから、食欲が低下する
・高熱が続くことによる関節の痛み

※原因となるウイルスに対する薬がないため対症療法になります。
喉の痛みや熱を下げる治療が行われます。

プール熱

アデノウイルスが原因となる病気です。
プールでの感染が多いためこのように呼ばれていますが、夏だけでなく年中どこでも感染する可能性があります。

・40度前後の高熱が続く
・喉の奥が腫れて痛む
・充血する

※ヘルパンギーナ同様、ウイルスに対する薬がないため対症療法になります。
高熱が続くため、体力の消耗や脱水症状に気を付けなくてはなりません。

インフルエンザ

冬~春頃にかけて流行することの多い病気です。

・40度前後の高熱が続く
・高熱による倦怠感や関節の痛み
・腹痛や下痢
・頭痛
・咳が出る

※高熱による熱性痙攣や、脳に後遺症が残る可能性のある「インフルエンザ脳症」併発する危険性があります。
インフルエンザの疑いがある際はすぐに病院へ連れて行き、治療を受けるようにしましょう。

川崎病

全身の血管、動脈に炎症が起きる病気ですが、原因は未だ明らかになっていません。

・手足が痺れる、赤くなる
・「イチゴ舌」と呼ばれる、ぼつぼつとした赤いものが舌に出来る
・首のリンパ節の腫れ
・目の充血

※血管の病気のため、心筋梗塞を起こすことや後遺症が残ってしまう危険性があります。
上記のような症状が見られた際はすぐに病院へ連れて行きましょう。

肺炎

様々なウイルスや細菌が肺に入ってしまうことで発症する病気です。

・ひどく咳込む
・粘ついた痰が出る
・苦しそうに呼吸をしている

※激しい咳により、呼吸困難になってしまう危険性があります。
高熱が続き、ひどい咳の症状が見られた際は肺炎の可能性を疑いましょう。

【スポンサードリンク】

最後に

子供の高熱が3日以上続く場合は、高熱以外にどのような症状が出ているかよく見て判断するようにしましょう。

また、高熱の際は脱水症状にならないようこまめな水分補給を心がけると共に、心のケアも大切です。

早めの判断や対応が、子供の辛い症状を和らげてあげるための1番の近道です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ