子供が熱を出した!お風呂には入れていいの?

子供が熱を出した時に迷うのが、お風呂に入れて良いのか。

昔は、熱がある時にお風呂に入るのは良くないと言われていましたよね?

理由として、熱で体力が低下している時にお風呂に入ることで更に体力が奪われてしまうのでは?ということが考えられます。

しかし、子供が熱を出して汗をたくさんかいているのにそのままにしておいて良いのか…と判断に迷うことがありますよね。

これについて調べていくと、入浴可能かを見極めるポイントがあることが分かりました。

そこで今回は、そのポイントをお伝えすると共に入浴時はどんなことに気を付ければ良いのかご説明していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

入浴可能か見極めるポイント

熱が38度以下である

子供の平熱は一般的に37度と言われています。
38度を超えている場合は高熱の状態ですので、元気があっても入浴は控えましょう。

しかし、38度を超えていなくてもいつもより元気がなかったりだるそうにしている場合は無理にお風呂に入れる必要はないので、まずは休息を優先させましょう。

湿疹・外傷がない

湿疹や外傷がある場合、その傷口部分から細菌や他のウイルスが入り込んでしまう可能性があります。

高熱でない場合入浴は可能ですが、出来ればシャワーで軽く済ます方が良いでしょう。

寒気がない

寒気の症状は、これから徐々に熱が上がっていく前触れです。

この時に入浴してしまうと更に体力が奪われてしまうので、入浴は避けましょう。

その後、寒気が治まったタイミングで入浴をすることは可能です。

解熱剤を飲んでいない

解熱剤は、薬の作用によって熱を強制的に下げています。この状態で熱が下がっていても、入浴をすることで熱が上がってしまう可能性があります。
入浴の判断をする際は、解熱剤を飲ませていないか確認するようにしましょう。

※上記以外にも、吐き気下痢などの症状がある場合も入浴は避けるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

入浴時の注意点

では、入浴時にはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?
以下にまとめてみましたのでご覧ください。

・37度程度のぬるめのお湯にし、体力を消耗してしまわないように短時間で済ます
・入浴後に急激に身体が冷えてしまわないように脱衣所の温度に気を付ける
・湯冷めをしないよう、髪・身体はしっかりと拭く
・入浴後の水分補給を忘れないようにする
ほてりが冷めてから布団に入るようにする

入浴が出来ないとき

熱を出して汗をかいていたり、身体が汚れているのに入浴が出来ないのは子供にとっても辛いことです。

そんな時はお湯で濡らしたタオルで身体を拭いてあげるだけでもさっぱりとし、子供も気分が良くなります。
脇や首の後ろは特に汗をかきやすいのでしっかりと拭いてあげるようにしましょうね。

最後に

判断に迷った時には、いつもとどのように違うのか、熱以外の症状はないか等子供の様子をしっかりと見てあげましょう。

条件にとらわれ過ぎずに、その時々に合わせた柔軟な対応を心がけることが大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ