GMPやQMSといった言葉を聞いたことがある?意味と違いについて知りたい!

GMPやQMSという言葉を、あなたは聞いたことがありますか?

ある意味専門用語的なものなので、意外と知らない方は多いかもしれません。

これらは企業にとっては覚えておくべき事の一つでもあり、顧客という観点から見ても、とても大切な事です。

でもGMPとQMSとは一体何のことで、一体どんな違いがあるのでしょう?

そこで今回は、GMPとQMSの意味とその違いについてご紹介しますよ!

あなたが例えどの企業にも属さないとしても、その企業の顧客として、GMPとQMSについて覚えてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

GMPとQMSの意味と違い

では早速GMPとQMSの意味とその違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いがあるのでしょう?

GMP

それではまず、GMPとはどんなものなのでしょう?

GMPは「Good Manufacturing Practice」の略です。

名前を見るだけでは分かりにくいですが、これは「医薬品や医薬部外品の製造管理と品質管理の基準」のことを差します。

「適正製造規範」とも呼ばれ、生まれたのは1968年で、勧告は1969年です。

医薬品や医薬部外品は直接人の体の中に入ったり、塗ったりするものですので、安心して使えるものでなければなりませんよね。

ですので患者さんが安心して使えるために、誰が製造しても高いレベルで、同じ品質の物を作るための指針、と考えると分かりやすいかもしれませんね。

GMPのポイントは

・人による間違いをどう最小限に抑えるか

・医薬品汚染、また品質低下をどのように防ぐか

・高い品質を保つためにはどうすればよいか

という3点がポイントです。

これらを踏まえてWHO(世界保健機関)などの国際機関、または各国の規制当局によってGMPは制定されています。

上記の説明のように、一般的には医薬品や医薬部外品の事を差しますが、それ以外の物でも取り入れ始めています。

例えば、化粧品や食品添加物と言った体に直接取り入れたり、塗ったりする物も安心安全で、高い品質を保つためにGMPの基準に沿って作られ始めているようです。

QMS

ではQMSとは一体何のことなのでしょうか?

QMSとは「Quallity Management System」の略語です。

日本語では「品質マネジメントシステム」と呼ばれています。

GMPとは違い、見ただけで分かりやすい名前かもしれませんね。

名前を見るだけで、ピンとくる方も多いと思いますが、商品やサービスの管理監査するシステムの事です。

概念自体が誕生したのは2000年。

ISO(国際標準化機構)という組織が「ISO 9000シリーズ」という品質管理の規格を1979年ごろにスタートさせました。

この規格は2000年に改訂されており、QMSはその改訂版の中から誕生しました。

顧客満足というのが目標であり、QMSはその為の「管理体制」で「経営手法である」とも言えます。

また、満足が達成できたらそれをずっと続けるという事ではなく、継続的な改善も行う事まで取り入れられています。

具体的に言うと、明確な責任分担の下、どんな組織にし、どのような方法で製造やサービスを提供するのか、を定めているものです。

GMPのように医療に関しても取り入れられている方法ですが、主に医療機器に関するものであり、この場合は顧客ではなく、市場からのフィードバック情報を重視しています。

GMPとQMSの違い

それでは最後にGMPとQMSの違いをまとめてみましょう!

GMPは「適正製造規範」のことで、医薬品や医薬部外品を安心で高い品質を落とさず、誰が作っても同じものが作れるような基準の事です。

1969年にWHO等によって制定されました。

QMSは「品質管理サービス」のことで、顧客満足度を目標とした高い品質を保つために行うべき管理体制の事です。

GMPと似通ってはいますが、あらゆる製品の管理体制のことであり、医療に関してはどちらかというと医療機器に関する物です。

ただ、どちらも高い品質を保つために制定されているものという点では、同じですね。

【スポンサードリンク】

GMPとQMSの違いを覚えておこう!

GMPとQMSは顧客である私達にとっても、どうでもよいことではない重要な物です。

これらの基準に通過する物を選ぶことで、より安心して高い満足度を得ることができる、と言う事ができます。

ぜひこの2つの基準について、覚えておいてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ