子供が嫌がる!目薬の差し方のコツが知りたい!

子供にとって目薬は、得体の知れないもの。それが目に入ってくる恐怖感から、泣いてしまうことや暴れてしまうことも…。

また、せっかく差せたと思っても涙と一緒に流れてしまっては意味がありませんよね。

このように、お子さんが病院で処方された目薬を差すのに苦労されている親御さんは多いのではないでしょうか?

そこで今回は、嫌がる子供でも成功する目薬の差し方はあるのか調べてみました。

基本となる目薬の差し方から、嫌がる子供向けの方法もご紹介しますので、その時の状況や子供の様子に合わせて行ってみてください!

【スポンサードリンク】

通常の差し方

基本となる目薬の差し方をご紹介します。
まずはこの方法を試してみましょう。

1. 子供を仰向けに寝かせる
2. 足の間で子供の頭を挟み、固定する
3. 目薬を差す

無理に押さえつけるようにはせずに、子供と話しながら行うのがポイントです。

また、子供は1度嫌になると中々機嫌が戻らず、余計に目薬を差すのが難しくなります。
そんな時はしばらく時間を置いてから様子を見て再度チャレンジしてみましょう。

目薬を差す側の気持ちの切り替えも、大事です。

【スポンサードリンク】

嫌がる子供への差し方

次に、目薬を嫌がる場合に試して頂きたい方法をご紹介します。

目を閉じたまま差す方法

目を閉じた状態で、目頭に数滴差します。その後にゆっくりと目を開ければ自然と目薬が目の中に入っていきます。

得体の知れないものが目に入る恐怖感から、目を開けているのが嫌!というお子さんには、「おめめ開けなくても大丈夫だよ」と声をかけてあげるだけでも安心度は変わります。

寝ている間に差す方法

どうしても目薬を差せない時の最終手段として、寝ている間に目薬を差すことも出来ます。

方法は目を閉じたまま行う時と同じで、目頭に数滴差します。その後目尻を少し横に引っ張ることで、目薬が目全体に行き渡ります。

注意点

・目薬を差す時は、目の周りを清潔にする
・目薬を差す前には手をよく洗い、バイ菌が目に入らないようにする
・目薬の容器が目やまつげに当たらないように気を付ける
・直射日光の当たらない、涼しい場所で保存する(冷蔵庫でもOK)
※子供が誤って飲んでしまわないように注意してください
・2種類以上の目薬を差す場合は、間隔を空ける

これらの注意点を守り、安全に行うようにしましょう。

最後に

嫌がる子供に目薬を差すのはとても大変なことです。

泣きじゃくっている子供はもちろん、それに対応しているこちらまで疲れてしまいます。
出来れば日中に差すのが理想ですが、あまりに嫌がる場合は睡眠中に差す方法を試してみてください。

また、目薬を差せた時には「すごいね~!!」と、思い切り褒めてあげるようにしましょう。
子供は褒められることで、「出来た!」という自信が付きます。
そうすることで、次に目薬を差す時には恐怖感が少し無くなり、前回よりもスムーズに行うことが出来ます。

子供と上手くスキンシップを取りながら、チャレンジしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ