コストコのクロワッサンをおいしく食べきるために…冷凍保存方法をご紹介!

会員制にもかかわらず、大人気のスーパーといえばコストコ。

リーズナブルなのに量が多く、しかもおいしくてよく行くという方も多いはず。

特に人気なのはコストコのクロワッサン!

ボリューム満点なのにリーズナブルで大人気です。

でも意外と賞味期限が短く、毎回食べきれないとお嘆きではありませんか?

いくらお手頃のクロワッサンとはいえ、捨ててしまうのはもったいないですよね。

そこでおすすめなのは冷凍で保存する方法!

ちょっとしたポイントを守れば、おいしい状態で冷凍保存することができるんです。

でもいったいどんな方法でクロワッサンを冷凍させればいいのでしょうか?

そこで今回は、そんなコストコのクロワッサンを冷凍保存する方法についてご紹介しましょう!

是非目を通してくださいね!

【スポンサードリンク】

コストコのクロワッサンを冷凍保存する方法!

それでは早速、コストコのクロワッサンを冷凍保存する方法についてご紹介しましょう!

方法はとっても簡単、お子さんでもできてしまいますよ。

必要なもの

必要なものもとてもシンプルです。

・ラップ

・フリーザーバッグ

・冷凍保存可能なアルミバット、またはアルミホイル

たとえないものがあってもコストコ内で手に入りますので、ないという方は一緒に購入しておくといいですね!

冷凍方法

1、クロワッサンをひとつずつラップで包みます。

隙間のないように、ぴっちりと包むことがコツです。

2、いくつかのクロワッサンをまとめてフリーザーバッグへ入れましょう。

重ならないように入れ、入りきらない場合は新たにフリーザーバッグを用意して入れてください。

3、空気をしっかりと抜き、フリーザーバッグの封を閉めます。

この時、空気を抜くことが大切なのですが、完全密封にはしないでください。

4、アルミバット、またはアルミホイルの上に3を乗せ、冷凍庫の奥のほうへ入れておけばOK!

もし急速冷凍機能があるなら、そちらの機能を使います。

この際バットやアルミホイルは必要ありません。

ポイント

コストコのクロワッサンを冷凍する際に、いくつかポイントがありますのでご紹介します。

<できるだけ空気に触れさせない>

冷凍庫に食材をしばらく置いておくと、冷凍庫のにおいが移ってしまうことがありますよね。

味にも影響を及ぼし、場合によっては食べられなくなってしまいます。

こういったことを防ぐために、ラップとフリーザーバッグを使って空気にできるだけ触れさせないように保存することが大切です。

ただし、クロワッサンは空気が入っていないとぺちゃんこになりますので、フリーザーバッグを完全密封する必要はありません。

クロワッサンがつぶれない程度に空気を抜きましょう。

<急速冷凍を!>

クロワッサンに限らずパンをおいしく冷凍するためには、急速冷凍にすることが必要です。

すぐに冷凍することで、おいしさがそれ以上逃げる前に閉じ込めることができるからです。

しかし家庭用の冷凍庫は急速冷凍ではなく、じっくりと冷凍していくような機能しかありません。

そのために大切なのがアルミです。

熱伝導率がよく、家庭用の冷凍庫でも急速冷凍に近い状態で冷凍してくれます。

だからこそバットやアルミホイルに乗せて冷凍させることが必要です。

急速冷凍モードがある場合は必要ありませんよ。

保存期間は?

約1カ月ほどです。

とはいえできるだけ早く食べるほうが、おいしさをキープしたままクロワッサンを楽しむことができますよ!

【スポンサードリンク】

コストコのクロワッサン、解凍はどうすればいい?

基本的には、解凍して焼くといった工程になります。

自然解凍してから

食べる日の前日から、クロワッサンを冷蔵庫へ移しじっくり解凍させます。

常温は衛生的な面からみてもおすすめしません。

電子レンジで温めても

急ぎの場合は電子レンジで温めても構いません。

レンジの種類にもよりますが、600Wで10~20秒ほど温めてください。

焼き方

アルミホイルでクロワッサンを包み、オーブントースターで1~2分ほど温めます。

そのあとアルミホイルを外し、様子を見ながら焼き目を付ければOK!

オーブンがあるなら

オーブンが使えるなら、もっと簡単です!

200度のオーブンで凍ったクロワッサンを5分焼き、そのまま3分ほど放置します。

これで中まで温かくなりますよ!

クロワッサンも冷凍しよう!

日持ちの市内クロワッサンも冷凍すると長持ちします。

是非ご紹介した方法で冷凍してみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ