クッキングシートがない時の代用品は?ケーキを作る時の代用品について知りたい!

お菓子作りには欠かせないクッキングシート。

天板にくっついて、ケーキなどをボロボロにしないためにも大切ですよね。

でもせっかくケーキの記事を作ったのに、クッキングシートがない時ってありませんか?

うっかり切らしてしまっていても、買いに行くとなるとかなり大変ですよね。

何か代用できればそれを使いたいはず。

実は家にあるもので、意外と簡単に代用する方法があるんですよ!

でも一体クッキングシートの代用品って一体どんなものなんでしょう?

そこで今回は、特にケーキを作る時にお勧めのクッキングシート代用品についてご紹介しましょう!

お菓子作りがお好きという方は、一度目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

クッキングシートがない!どんな時におすすめの代用品は?~ケーキ編~

それでは早速、クッキングシートの代用品についてご紹介しましょう!

一体どんなものが代用品となるのでしょうか?

ケーキ型を使う時、クッキングシートを敷きたい場合

底のあるケーキ型を使う時、中にクッキングシートを敷く方も多いと思います。

そういった時の代用法です!

まずはケーキ型にバターやマーガリンを薄く塗りましょう。

その後茶漉しなどでふるいながら、小麦粉を底に入れます。

全体的にふれたら、余分な小麦粉を落とし、冷蔵庫で冷やしましょう。

ケーキ型が冷えたら、とりだして生地を流し込みます。

その後は普通に焼くだけで、綺麗に焼くことができますよ!

ケーキだけでなく、パイ作りでもこの代用法が活用できますよ。

天板に直接

底がないタイプのケーキ型もありますよね。

その場合は天板に直接工夫するだけでもOKです!

方法は、天板にバターやマーガリンを直接塗るだけ。

とっても簡単ですよね!

ケーキ作りをしてあまっているものでもちろん大丈夫なので、無駄もありませんよ。

匂いが気になるのなら、サラダ油を使ってもOKです!

アルミホイルで

もし天板に直接置くのが気になるのなら、アルミホイルを敷く方法もあります。

こちらもしわのないアルミホイルを天板の上に敷いて、薄くバターやマーガリンを塗るだけです。

簡単なうえに片付けも楽なので良いですよね!

ただし、万が一250度以上の温度で焼く時は、使用しない方が良いです。

250度以上になると、アルミホイルが発火する恐れがあります。

コピー用紙

天板に直接置くのは嫌、でもうっかりアルミホイルもきらしている!

そんな時はコピー用紙を代用品として使ってみてはいかがでしょう?

つるつるの方を表にして使えば、油をしかなくても綺麗にケーキを取ることができます!

なんと型紙の代わりとして使うこともできるんです!

紙なんてオーブンに入れたら燃えると思うかもしれませんが、一般家庭にあるようなオーブンの温度では、紙は燃えません。

もちろん油がしみた物はNGですが、普通のコピー用紙であれば問題ありません!

熱源が直に当たらないように調節すれば大丈夫ですよ。

ただし印刷している物、またチラシを使うのはあまりお勧めしません。

インクには人体にとって有害な成分が含まれている物もありますので、避けた方が良いです。

凹凸のある物には

もし、ちょっと変わった凹凸のあるものでケーキを焼く時は離型油というものを使う方法もあります。

ただ、離型油はなかなか持っている方が少ないと思うので、代用するにはちょっと難しいかもしれませんね。

もし持っているようなら、それを使うのもありです。

【スポンサードリンク】

代用品を使う際の注意事項

では最後に、代用品を使う際の注意事項についてご紹介しておきましょう!

ご紹介したのは”オーブン機能”で使う物

今回ご紹介している代用品は、全て「オーブン機能」で使う事を前提としてご紹介しています。

レンジ機能では絶対に使わないでください。

万が一レンジ機能でアルミホイルなどを使うと、故障や思わぬ事故の原因となることもあります。

匂い移りにご用心

油分を塗ってから使うものがとても多いのですが、それぞれには独特の風味がある物も多いです。

無難なのはサラダ油です。

バター、マーガリン、オリーブオイル等は風味がありますので、その風味がケーキに移ることもあります。

そういった点を利用するのも良いのですが、そうでない場合は気をつけてくださいね!

クッキングペーパーの代用は、意外なものでも可能!

クッキングペーパーは、一見すると代用できなさそうなものでも、意外と代用することができました。

ぜひ今回ご紹介したことを参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ