駐車をする時のコツってない?狭い場所に駐車をするコツ!

運転をする時、何よりも神経を使うのは、もしかしたら駐車をする時かもしれませんね。

特に初心者の方は、狭いスペースでしかも隣に他の車があると思うと、車を運転したくないと思う方も多いかもしれません。

慣れている方でも、狭い駐車場に止めるのは苦手という方もいますよね。

そういった狭いスペースの駐車場でも、スムーズに駐車するコツってないものでしょうか?

そこで今回は、そんな狭いスペースに駐車をするコツについてご紹介しましょう!

狭い駐車場に止めるのが苦手だという方は、ぜひご紹介するコツを覚えてくださいね!

【スポンサードリンク】

駐車をするコツは?~狭い駐車場もスムーズに止めよう!~

それでは早速、狭い駐車場にうまく車を止めるコツについてご紹介しましょう!

一体どんなポイントがあるのでしょうか?

出来るだけ真っすぐ入れるように角度を調節する

特にバックで駐車をする時はそうなのですが、できるだけ角度をなくすことがとても重要です。

バックの場合は、前向き駐車よりも難易度が高く、出来るだけスぺースに入る時は真っすぐバックできるようにすると比較的簡単です。

慣れないうちは90度の角度で入れるというのは、やめた方がいいと思います。

ただ、スペースが狭いという事は角度をなくすようなスペースもないこともあるかもしれません。

そんな時はどうすればいいのでしょう?

・焦らず何回も切り返しましょう!

なかなか停められないとなると、難しくて焦ってしまいますが、焦るのは失敗のもとです。

落ち着いて何度もハンドルを切り返しましょう。

具体的には、車を止めたままハンドルをいっまいまで曲がる方向へまわし、バックします。

この時は反対側車を意識しながらゆっくりバックしましょう。

急にバックすると他の車や壁に当たることもあります。

何度もこれを繰り返せば、駐車することができますよ!

サイドミラー

もう一つ重要なのがサイドミラーです。

サイドミラーの位置は「後ろのタイヤ」「その周辺の景色」「地面」が見えるようにしておくことが大切です。

後ろのタイヤはなかなか見えないので、サイドミラーで見えるようにしておくことが大切です。

特に狭い駐車場では、後ろのタイヤがどこにいるのかを把握しておくことで、衝突も防げます。

バックする時は、このミラーをしっかりと確認しながらスペースに車を納めましょう!

ウィンカーも利用しよう!

ウィンカーの位置というのは、止める時に一つの指針となります。

まず右後ろのウィンカーを、スペースの右端にある線に合わせるように角度をつけましょう。

目視、もしくはサイドミラーで見るようにしましょう。

合わせたラインから、一定の距離を保って、ハンドルを右に切りながらゆっくりバックします。

ラインと車体が真っすぐになったら、ハンドルを戻して真っすぐバックします。

これで大丈夫ですよ!

・通路が狭い場合

もし通路が狭い時は、左のバンパーをギリギリまで前進させて、右後ろのウィンカーを駐車場ナンバーに合わせます。

その後はハンドルを右に切って左のライン端ギリギリまでバックさせます。

次に右にハンドルを切って右のライン端ギリギリまで前進し、車体とラインが一緒になったらそのままバックさせましょう。

ウィンカーはこのように、一つの目安となりますので覚えておくといいですね!

不安な方は広い場所で練習しよう!

コツをいくつかご紹介しましたが、実際やってみないと不安ですよね。

実際運転は、慣れという部分もかなり大きいです。

ですので不安な方は、まずは広いスペースで練習するようにするのがおすすめです。

本当にうまく切り返しができるか、どの角度にミラーを合わせるのが自分にとって一番都合がいいかなどを考えましょう。

こうやって練習することで、ある程度の自信は付くはずです。

・実際にやってみるのもおすすめ

広い場所で感覚をつかんだら、後は狭い駐車場で練習するほかありません。

回数を重ねないと、なかなか狭い駐車場に停める際の不安はなくなりません。

ゆっくり何回切り返しても構いませんので、焦らず練習してみましょう!

【スポンサードリンク】

焦らずゆっくり駐車しよう!

なかなか駐車ができないと、どうしても焦ってしまいがち。

でも車は焦って駐車してもなにもいいことはありません。

ぜひ今回ご紹介したコツを頭に入れながら、落ち着いて駐車をするようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ