子供の靴のサイズに目安はあるの?

子供の成長って本当に早いですよね。

この間買ったばかりの服や靴がすぐにサイズオーバーになり、「え!また買い直し?」なんてこと、日常茶飯事です。

「大き目を買って長く履かせちゃえばいっか!」なんてサイズの合わない靴を子供に履かせていませんか?
お金や手間がかかるため面倒なのはごもっとも。

しかし、サイズの合わない靴は子供の足を変形させ、大事な時期の成長を妨げてしまいます。

そうは言っても、自分の子供のサイズに合った靴を選ぶのは難しいですよね。

そこで、子供の靴の目安となるサイズについて調べてみました。

この目安と共に、今回は靴を選ぶ時のポイントについてもお伝えしていくので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

【スポンサードリンク】

子供の靴の平均的なサイズとは?

※メーカーやデザインによって多少の差が出るため、下記はあくまで目安となります。

・新生児~3か月[8~11cm]
・3か月~6か月[9~12cm]
・6か月~1歳半[11~13cm]
・1歳半~2歳[12~14cm]
・2歳~3歳[13~15cm]

・3歳~4歳[14~16cm]
・5歳~6歳[17~18cm]
・6歳~7歳[19~20cm]

目安となるサイズを見ても分かるように、2歳頃までの子供の足の成長はとても早く、半年で約1cm大きくなると言われています。

それ以降も0.5cmのペースで大きくなっていくため3か月に1度程度のペースで、靴のサイズが合っているか確認するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

足のサイズの測り方

年齢ごとの靴のサイズが分かっても、どの子供も同じ足のサイズとは言えませんよね。

靴を買う前に、子供の足のサイズを測っておく必要があります。

靴を販売しているお店では店員さんに、子供の足の長さを測ってもらえます。

その後、子供のサイズに合った靴を探してもらえるのでこれが1番手っ取り早い方法です。

もしも自宅で測る場合は子供の足のサイズをプリント出来るサイトがあるので、その上に子供の足を乗せると簡単に測ることが出来ます。

靴選びのポイント

では、実際に靴を選ぶときはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

つま先をチェック!

靴を履いた状態で、つま先に5mm程度の余裕があるか確認しましょう。
また、指の動かしやすさもよく見てあげてくださいね!

かかとの安定感をチェック!

かかと部分が安定していないと、靴の中で足が動いてしまい地面を足全体で捉えることが出来ません。
足の形が変形してしまうのを防ぐため、しっかりと確認しましょう。

甲の高さをチェック!

狭すぎたり広すぎたりすると、かかとと同じく足が安定しないため、つまずきの原因にもなります。
そのため、マジックテープで調節が出来るものをおすすめします。

この他にも、靴底が固すぎないか等をチェックするために必ず歩かせてみることが大切です!

最後に

子供の成長が嬉しい反面、つい面倒だからと大きいサイズの靴を買ってしまいがちですよね。

しかしこの時期の成長は、子供の身体の基本となります。

足が変形してしまったり、歩き方に変な癖がついてしまうと治すのは中々難しいもの。

そうならないためにも、子供の靴選びは慎重に行うようにしましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ