BBQの食材ってどれくらい用意すればいいの?人数分の目安が知りたい!

夏と言えばBBQ!友達同士で集まって皆で焼いて食べてお酒も飲んで…♪

こんな風に今からワクワクしている方!!

BBQの準備はばっちり出来ていますか?

「え?準備って言っても野菜とか肉とか…食材を買っておくだけ!」

そう、問題はその食材なのですが。どのくらいの量を用意するか考えてありますか?

「適当に!」こんな声も聞こえてきそうですが。

適当に買って余るならまだしも、足りなかったらどうします?

あなたが食材調達を任されているとしたら…?

そこで今回は、BBQに必要な食材の量の目安について調べてみました!

人数や男女比によってだいたいこのくらいという目安を覚えておけば、買う前に悩むこともなく、当日は皆が満足のいくBBQが出来るはず!

これで今年のBBQは大成功間違いなしです!

【スポンサードリンク】

肉・魚介類

肉の量の目安

1人が食べる肉の量の目安として挙げられているのは、

・男性→300g
・女性→200g

とされています。
小学生の子供であれば女性と同じく200g程度で足りるでしょう。

例えば、男性3人・女性3人・小学生の子供4人の計10人であれば、2.3kg程度用意することになります。

少し多めに2.5kgでも良いですし、小学生と言っても年齢に幅もあるので、少し少な目に2kgにするなど調整してくださいね!
鶏・豚・牛・ウインナーなどバランスを考えて用意するようにしましょう。

魚介類の量の目安

魚介類は肉に比べて好き嫌いが別れやすい食材です。
前もってそれらの情報を聞いておければ良いのですが…そうでない場合は、

・貝類(ホタテ・アサリ等)→1人につき1~2個程度
・エビ→1人につき1~2尾程度
・イカ→3人で1杯程度

上記を目安に用意して行くと良いでしょう。

【スポンサードリンク】

野菜

野菜に関しては、男女比にもよります。

男性が多い場合は野菜よりも肉の消費量が多いと思われるので、焼きそばに入れるキャベツ・ニンジン・玉ねぎや、トウモロコシ等の代表的な野菜を中心に用意していけば、十分足りるでしょう。

逆に女性が多い場合は野菜を多めに用意して行ったり、代表的な野菜の他にキノコ類や、焼かずに食べられるレタスやトマトでサラダを作っても良いと思います。

量の目安としては、1つの野菜を4~5人で分ける程度といったところでしょうか。

ピーマン等の小さめの野菜は2~3人で1つを分けると良いでしょう。

男女で差はあっても、野菜は肉や魚介類よりは少な目の用意でOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

適当に買って余らせてしまって結局捨てることに…なんて勿体ないですよね?

もう無いの?全然足りない!なんて文句を言われちゃうのはもっと嫌ですよね。

BBQを楽しめるかは準備にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

出来れば好き嫌いを把握しておけると準備もしやすいので、前もって聞けるタイミングがあれば、情報集めをしておくのもおすすめです。

次回は、今年のBBQから取り入れたい、オススメ食材をご紹介していきたいと思います!

お楽しみに!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ