バッティングのコツが知りたい!ソフトボールで使えるコツをご紹介!

苦手な方はとても苦手なバッティング。

どれだけ練習しても、なかなかヒットが出せないとお悩みではありませんか?

特にソフトボールの場合、硬式とはまた違うので、ソフトボールになると打てないという方も多いかもしれません。

でもそれは、きっとソフトボールでのバッティングのコツを知らないだけ!

ではソフトボールのバッティングのコツとは、一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、ソフトボールでのバッティングが苦手な方におすすめのコツをご紹介しましょう!

ぜひお悩みの方は、一度目を通してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

バッティングのコツって?~ソフトボール編~

それでは早速、ソフトボールでのバッティングのコツについてご紹介しましょう!

一体どんな点を押さえればいいのでしょうか?

素振りをしっかりとする

バッティング練習では欠かせない素振り。

嫌になるほど練習しているという方もいると思いますが、意外と試合では練習通りの素振りができていないことがあります。

どうしても打つ時はボールに意識が向いてしまうので、出来なくなってしまうんです。

素振りの練習は、しっかりと球を打つために重要な練習です。

試合でも練習通りの素振りができるようしっかりと練習しましょう。

・外角、内角からのボールを意識しよう!

素振りをする時、ボールがド真ん中を来ることを想定して振っていませんか?

もちろんそういった時もあるのですが、実際はあまりないですよね。

それよりも内角や外角から来る方が多いと思います。

真ん中からの球をイメージすることも無駄ではありませんが、より確率の高い球をイメージすることで打てる確率は上がります。

ピッチャーとの距離

野球とソフトボールは似ているようで違っています。

このピッチャーとの距離もその内の一つ。

ソフトボールは野球よりもバッターとの距離が近いんです。

その為、ピッチャーが投げてからボールが届くまでの時間が早くなります。

・速いスイングをしよう!

上記の理由から、ソフトボールでは速いスイングが必要です。

バットを短めに持ち、脇を締める。

これが基本的な姿勢です。

特に脇を締めることが大切で、脇が開いているとアッパースイングになりやすく、更にポップフライにもなりやすくなります。

ソフトボールは下投げとなりますので、上から下へスイングするダウンスイング、もしくはインパクトの際にバットを水平にするレベルスイングで打つようにしましょう。

力の入れ方

球を打つ時、あなたは力をどのようにして入れていますか?

実はこの力の入れ方にもポイントがあります。

力を入れるのは

「バットと球が当たった時」

です。

この時にしっかり力を入れて、ボールを押し返すイメージで打ちましょう。

センターに真っすぐ飛んでいくというイメージです。

とはいえ慣れていないとなかなか難しいですよね。

この感覚を手に入れるためには練習が必要です。

逆に言えばこの感覚さえ手に入れれば、意外とヒットは打ちやすくなります。

・腰の使い方に気をつけよう

バッティングは腰も使ってしっかりと打ちます。

硬式でもそうだと思いますが、ソフトボールでもこれは変わりません。

足をしっかりとボールに向かって踏み込んで、インパクトの瞬間は腕の力を言うよりも、腰でボールを打つようなイメージで打ちます。

こうすることで、しっかりと速くて鋭いボールを打つことができますよ。

球の打ち方

では球は一体どのあたりに当てればいいのでしょう?

基本的には真ん中あたりを狙いましょう。

鋭い打球にしやすくなります。

・下側を狙うのはご用心

球の下側を打つと、ポップフライになりやすいです。

やや下程度なら鋭い球も打てるのですが、慣れていない方は基本的には狙わない方が良いと思います。

特にどうしてもスイングがアッパーになりがちな方は、下を狙うとポップフライになります。

真ん中を狙うような練習をしましょう!

毎日の積み重ねも大切

ご紹介したようなコツを手に入れれば、今までよりもヒットが出やすくなると思います。

ただ、これらのコツもすぐにできるようになるものではありません。

毎日コツコツと練習して、コツを身につけてくださいね!

【スポンサードリンク】

ソフトボールならではのコツを覚えておこう!

かなり似たスポーツではありますが、ソフトボールと野球では同じように対応するとうまくできません。

ソフトボールと硬式野球の違いを理解し、ぜひご紹介したコツでソフトボールを楽しんでください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ