圧力鍋でカレーを作ると美味しいって本当?加圧時間等圧力鍋を使ったカレーの作り方を知りたい!

日本人が大好きな食べ物の代表格、カレー。

本場であるインドとはまた違ったカレーは、もはや日本食と言っても良いかもしれませんね。

そんなカレー、圧力鍋で作るととってもおいしくなるんですよ!

でも、なぜ圧力鍋で作るとカレーが美味しくなるのでしょうか?

また加圧時間等、どうやって作ればよいのでしょう?

そこで今回は、そんな圧力鍋で作るカレーについてご紹介しましょう!

また、加圧時間と言った圧力鍋で作るカレーレシピも一緒にご紹介しましょう。

ぜひこの記事を呼んで加圧時間等に気をつけながら、圧力鍋でカレーを作ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】

どうして圧力鍋でカレーを作ると美味しくなるの?加圧時間はどのくらい?

それではまず、圧力鍋でカレーを作るとなぜおいしくなるのかと言ったことをご紹介しましょう。

素材の旨みをそのままいただけます

たとえば通常カレーを鍋で作る時、水を多めに入れますよね。

具がひたひたになるくらい入れるという方も多いはず。

でもそのくらい入れないと、いい具合にならないので仕方がないですよね、

しかし圧力鍋は違います。

4~6人分の量でも、お水は1カップのみ。

あとは玉ネギなどの野菜から水分がしっかりとでますので、野菜のうまみがつまった水分を使ってルーを溶かすんです。

この水分は、塩コショウなどで味を整えれば立派なスープになるほど美味しいんだそうです。

そんなスープをカレーに使うとなると、考えるだけで美味しそうですよね!

野菜は大きめに切ってもとろとろに!

普通のお鍋で作る野菜はひと口大に切ってしまいますが、圧力鍋では大きめに切ることが推奨されています。

大きめに切ることで、野菜の甘味や風味、うまみが凝縮され美味しいカレーができるんです。

また、圧力をかけて仕上げてくれますので、大きく切ってもとろとろの具材になるんですよ!

炒める必要もなく、臭みもありません

しっかりと食材に火を通るためにも、普通のお鍋ですと炒めるという作業が必要ですが、圧力鍋では不要です。

これは一気に食材に火が通りますので、臭みが出にくいという事だそうです。

1加圧時間はなんと15分

カレーに限らず、シチューや煮物など15分以上煮込む物に関しては、圧力鍋が向いていると言われています。

カレー等はルーの作り方を見ると「30分以上煮込む」とありますが、圧力鍋はそんなに煮込む必要はありません。

その半分の15分あれば出来上がります。

圧力鍋は使い始めから加圧する時間等を含めると、どうしても15分ほど時間がかかります。

しかし、その最低限の時間で調理することができるんです。

つまり、かなりの時間短縮となる、という事ですね!

具材も大きめに切りますので、圧力鍋は時間短縮の面で見てもカレーにうってつけのお鍋と言えます。

いかがでしょうか?

手間の面からみても、美味しさの面からみても圧力鍋はカレーにぴったりの調理器具といえそうですね!

【スポンサードリンク】

簡単美味しい!圧力鍋を使ったカレーの作り方

それでは、そんな魅力いっぱいの圧力鍋を使ったカレーレシピをご紹介しましょう!

簡単ですので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スピードカレー

スピードカレーとあるように、本当にあっという間にできてしまうカレーのレシピです!

忙しい方でも、ほとんど手間をかけずに出来上がりますのでお勧めですよ。

圧力鍋さえきちんと使えれば、普段漁師をしない方でも簡単に作れますので、ぜひ参考にしてくださいね!

圧力鍋で超簡単! うまうまとろとろのカレーライスの作り方

もう一つ、こちらのレシピもご紹介しておきましょう。

こちらのレシピの特徴はなんと言っても隠し味です。

その隠し味とはコンソメと日本酒!

そんな物で本当に美味しくなるの?と思ってしまいますが、ぜひ一度やってみてください。

その味にハマってしまう事間違いなしです。

もちろんなくても美味しいので、いつも圧力鍋でカレーを作っているという方にお勧めですよ。

☆圧力鍋で時短トロトロ牛スジカレー☆

また、もう一つお勧めなのが、牛すじを使ったカレー。

トロットロの牛すじが入ったカレーで、普段カレーに牛は入れないという方も夢中になる味です!

もちろんこちらもあっという間にできてお勧めですよ!

素材の旨みを存分に生かす圧力鍋カレー!

素材の風味や甘み、うまみを最大限に引き出してくれるのが圧力鍋カレー。

ぜひあなたも、一度圧力鍋でカレーを作ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ