クリスマスツリーを手作りするには?簡単に楽しくできる作り方!

クリスマスツリーを簡単に楽しく手作りできる方法が知りたい!

年末の大イベントでもあるクリスマス。

せっかくなら手作りしたツリーを飾ってみませんか?

細かい作業が苦手という人でも大丈夫!誰でも簡単にクリスマスツリーを手作りできるんです。

この記事では、誰でも簡単に楽しくできるクリスマスツリーの作り方についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

クリスマスツリーを手作りするには?

クリスマスツリーはいろんな材料で手作りすることができます。

例えば、紙や木で作るもの、いらない布やマスキングテープ、フェルトなどで作る方法があります。

中には掃除用のブラシやハンガー、松ぼっくりなど様々な材料を使い手作りしている人もいるようです。

クリスマスツリーはアイデア次第でいろんな作り方があるので、どれにしようか迷ってしまうほどです。

数あるクリスマスツリーの作り方の中でも、簡単で楽しく作れる方法を纏めてみました。

【スポンサードリンク】

簡単!楽しい!クリスマスツリーの作り方

■その1:画用紙で簡単クリスマスツリー♪

作り方はとっても簡単♪

緑の画用紙2枚と、クリスマスツリーの絵とハサミを用意します。

クリスマスツリーの絵に沿って画用紙をハサミで切ります。

クリスマスツリーの形になった2枚の画用紙の中央部分にそれぞれハサミを入れます。

ひとつには下から数cmほど縦にハサミを入れて、もうひとつには上からハサミを入れます。

それから、切り込み部分を少し開き、ツリーの下の部分に切れ込みをいれたものを上にして画用紙を重ね合わせれば完成です。

簡単なのにシンプルでかわいいクリスマスツリーが出来ますよ。

【詳しくはこちら】

■その2:北欧風クリスマスツリー

なんとこちらのクリスマスツリーは、100均に売っているものだけで作ることができるんです♪

用意するのは円すい型の発砲スチロールと、緑色の毛糸とボンド、飾りたいビーズです。

まず、円すい型の発砲スチロールに下の方から1cm程度ボンドを塗ります。

そして、ゆっくりと下から毛糸を巻いていきます。

ボンドが塗られている部分が無くなってきたらボンドを塗って毛糸を発砲スチロールに巻いていきます。

発砲スチロール全体に毛糸が巻き終わったら、お好きなビーズをボンドで貼れば完成です。

【詳しくはこちら】

■その3:紙袋でできる!クリスマスツリー

こちらのクリスマスツリーも簡単に手作りすることができます。

用意するものは、紙袋、ストロー、両面テープ、ハサミです。

まず、不要な紙袋を用意して取っ手が付いている部分の上か数cmを切り落とします。

その後、10cm程度の幅を持たせるように紙袋の横からハサミを入れるように切ります。

そして切った紙袋を広げて長細い紙にしたら裏地を隠すよう半分に折ります。

折り曲げた部分から紙の先に向けてハサミをいれましょう。

この時、1cmほど紙の先を残すようにしておきます。

最後まで切り込みを入れたら、両面テープで留めながらストローに紙を巻き付けます。

紙を巻き付けたら余った部分のストローを切り落とし、上部に星の飾りをつければ完成です。

【詳しくはこちら】

クリスマスツリーを手作りしてみよう♪

いかがでしたでしょうか。

ご紹介したクリスマスツリーの作り方は、簡単に作れるのに見た目もかわいいものばかりでした。

親子同士、友達同士でクリスマスツリーを手作りすれば会話も弾むことでしょう♪

ぜひ、試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ