ウォーキング、ジョギング、サイクリング、一番カロリーを消費するのって?

「ダイエットを始める!」と言っても
何から始めて良いものなのか、

「どんな運動が一番効果があるのか」
わからないものですよね。

せっかくダイエットをするのだから、
「カロリー消費の多い運動をしたい!」
と考えるのも当然です。

ウォーキングをしているけれど、カロリー消費って実際どれくらい?

ウォーキングとジョギングって、どっちがカロリー消費が高いの?

走ったりするのはイヤだから、サイクリングならがんばれるけど、効果はあるの?

そんな疑問を持った方のために、
今回はウォーキング、ジョギング、サイクリングの効果やカロリーを徹底比較してみます!

本格的にカロリー消費をして痩せたい!
ジムに通い始めたけれど、どの器具を使っていいのか・・・

という方が有意義に運動できるよう、疑問を解決していきます。

【スポンサードリンク】

ウォーキングのカロリーって?

実際のところ、
その人の体重にもよるのですが、
1つの指標として

【体重50キロの女性の場合】
大股1万歩で
「約150キロカロリー」消費

です。

どう思いましたか?

少ないと感じた方もいれば、
多いと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

具体的にこの150キロカロリーを
食べ物で表してみると・・・

「ごはん約1杯分」

となります。

では、視点を変えて、もう1つ。

この1万歩というのは、
だいたいどれくらいで歩けるものなのか、
というと、

人にもよりますが、
速足で「約40分程度」です。

速足のスピードというのは、
「話しながらの速さはきついな」と思うくらいの速さのことです。

【結論】
ウォーキングは40分で約150キロカロリー消費

【スポンサードリンク】

ジョギングのカロリーって?

では続いて「ジョギング」です。

話を始める前に、あれ?と思った方もいるかもしれません。

「ジョギング」と「ランニング」の違いは何?と。

「ジョギング」:ゆっくりと走ること
「ランニング」:速いスピードで走ること

1つ解決しましたね。
では、本題に進みましょう。

ジョギングはどのくらいカロリー消費があるのでしょうか?

【体重50キロの女性の場合】
40分走って、「約250キロカロリー」消費します。

ウォーキングと比べてみると、

・ウォーキング 150キロカロリー
・ジョギング 250キロカロリー

と、
同じ40分を使ったとしても、
「約100キロカロリー」の差があります。

ちなみにですが、
ジョギングよりもさらに速度を上げて
「ランニング」にすると、

速さにもよりますが、
だいたい、40分で「約400キロカロリー」と言われています。

短期間でカロリーを減らしたいという方には、
「ランニング」の方がいいのかもしれません。

しかし、体の負担を考慮したり、
運動習慣を長続きさせながらカロリー消費していきたい、
という方には、
「ジョギング」でコツコツカロリー消費の方が合っているかもしれません。

【結論】
ジョギングは40分で約250キロカロリー消費
ランニングは40分で約400キロカロリー消費

サイクリングのカロリーって?

では最後に「サイクリング」のカロリー消費を
見ていきましょう。

ここは計算が難しいところです。

なぜなら、
「自転車の種類」や「路面環境」によって
カロリー消費は異なります。

では、今回は、
「ジムにあるサイクリングの器具」の場合
で計算してみましょう。

計算式はこちら
体重(㎏)×5×運動時間(時間)=消費カロリー(キロカロリー)

【体重50キロの女性の場合】
約40分で、「約160キロカロリー」消費です。

ウォーキングに少し毛が生えたくらいの
カロリー消費数ではありますが、

カロリー消費とともに、
「足を鍛えたい!」、という方に人気の運動といえます。

ママチャリなのか、ロードバイクなのかという自転車の種類や、

平坦な道を進むのか、傾斜がかかっている道を走るのかで
またカロリーも変わってきますが、

自転車を使って運動をしながら、
プチ遠出なんかもできてしまうのが、
メリットなのかもしれません。

【結論】
ウォーキングは40分で約160キロカロリー消費

楽しみながらカロリー消費をしましょう!

おおまかに3つのジャンルの比較をしてみましたが、

カロリー消費が高い順に

「ジョギング」
「サイクリング」
「ウォーキング」

となりました。

状況や環境によっては違いは出てきますが、
それぞれの運動のメリットやデメリットも異なります。

ぜひ楽しみながら運動を続け、
カロリー消費していただければと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ