登山の時の服装ってどんな感じ?レディース編

登山の時の服装ってどんな服装で行けばいいのでしょうか?

山登りですから動きやすい格好で行くのはもちろんですが、せっかくなのでオシャレも楽しみながら行きたいものですよね。

今回は、レディースの登山の服装について夏と冬に分けてみていきたいと思います。

これから登山をする予定のある方も、行く予定はないけれど興味がある!という方も是非、参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

■登山に必要な基本の服装!

まずは、登山に欠かせない基本の服装について見ていきましょう。

オシャレも大切ですが、何よりも身を守りながら安全に登山をすることが第一となります。

そのために動きやすい服装を選んだり、万が一何かトラブルに巻き込まれてしまった場合にも目印となるような明るい色のものを選ぶというのも大切な選択です。

是非、見た目のオシャレだけでなくこうした意味でもポイントを押さえて選んでいきましょう。

まず、基本的には3つのレイヤーに分かれます。

●1つ目:肌着(アンダー)

●2つ目:中間着(ミッド)

●3つ目:外着(アウター)

登山中は、いつ天候が変わるか分からないのでその時その時に適した服装で登ることが大切です。

一つ目の肌着は、汗の発汗を促す役割をします。

二つ目の中間着は、ボタンがついたさっと羽織れるようなシャツなどで保温します。

そして最後に外着のアウターで、雨風を防ぐという役割がそれぞれにあります。

これは3枚着れば良いというものではなく、その時の登山によって必要なものを自分で組み合わせて重ね着していくというものです。

【スポンサードリンク】

■レディースの登山の服装~夏編~

それではここで、季節毎の登山の服装について見ていきましょう。

特に夏の場合は、汗をかきやすいので着替えを多めに持っていったり、動きやすさ満点のショートパンツにレギンスを合わせるコーディネートが人気です。

例えば、夏の登山の服装ならこのようなスタイルがおすすめです。

中に長袖のインナーを着て、Tシャツ、そして脱ぎ着の楽なボタンやチャックのついたシャツを着ると良いでしょう。

この上からもう一枚アウターとして、軽めの羽織りがあると更に良いですね。

山ガールにおすすめの春のスカートコーディネート

ショートパンツ以外にもスカートも人気です。

ふわっとしたデザインなので、足が細く長く見えるだけでなく動きやすいと今注目されています。

基本的には、夏でも長袖がおすすめです。

山の中なので、木に引っかかってケガをしてしまう可能性もあるからです。

同様の理由で足も素足ではなく、レギンスにこうしたスカートやショートパンツを合わせるのが正解です。

間違ってもデニムは選ばないようにしてくださいね。

デニムは動きにくいだけでなく、重たく乾きにくいため登山には向いていないからです。

■レディースの登山の服装~冬編~

冬の登山の場合は、基本の服装に保温のための中間着と厚手のアウターが必須となります。

夜間の富士登山コーデ/山ガール/ファッション/コーディネート/山登り/富士山/可愛い/格好

こちらは夜間の冬の登山の服装です。

防止や手袋で防寒するのはもちろん、厚手のアウターでしっかり雪や雨を防ぎ体温の低下を防ぎます。

また、山頂はとても冷えるのでニット帽やフリースジャケットなどもアウターの下に着ていくと良いでしょう。

雪がすごい日にはこうした、トレッキングポールもあるととても便利ですよ。

LEKI レキ トレッキングポール 2本組 SPD2ソフトライト AS 550 1300318

■まとめ

登山の服装は、見た目の可愛さよりも安全第一で考えることが大切です。

季節を問わず蛍光色や明るい色を選ぶことで、万が一のトラブルに巻き込まれてしまった時にも役立ちます。

また、動きやすさを重視してケガのないように注意しましょう。

レディースの場合は、ショートパンツやスカートにレギンスを合わせたりハットやシャツなどでオシャレを楽しむことも出来るので上手に組み合わせて登山を楽しんでくださいね。

他にも着替えをたくさん用意したり、途中で脱ぎ着のしやすい服装を心がけると良いでしょう。

是非、参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ