友チョコのお返しはいつが正しい?喜ばれるお返しの仕方

友チョコのお返しはいつのタイミングが正しいのでしょうか。

学校や職場などでも定番の友チョコ。

貰えるととても嬉しいですが、いつお返しすればいいのか悩んでしまいますよね。

すぐ返すのがいいのか、ホワイトデーに返すのが正しいのか…

こちらの記事では、相手から喜ばれる友チョコのお返しはいつなのか、また、相手に喜ばれるお返しの仕方について紹介します。

【スポンサードリンク】

友チョコのお返しはいつのタイミングが正しいの?

友チョコのお返しは基本的にいつと決められた日はありません。

基本的には自分がお返しできるタイミングで渡せば良いでしょう。

友チョコをもらった翌日や翌週などいつでも構いません。

ちなみに、渡しやすいタイミングのひとつとして「ホワイトデー」がおすすめです。

バレンタインデーにもらった場合、ホワイトデーにお返しするとサプライズ感も出て、より相手に喜んでもらえることでしょう。

【スポンサードリンク】

そもそも友チョコのお返しは必要なの?

友チョコのお返しは必要なのかという疑問を持っている方も中にはいるかもしれません。

基本的に、友チョコのお返しは強制ではありませんので、必要なものとは言えないです。

しかし、お返しをしないことで気まずくなってしまう可能性もあります。

マナー的な意味でも、お返しをしないのはよろしくありませんので、友チョコをもらった場合は、お返しをするのが良いでしょう。

喜ばれるお返しの仕方とは?

せっかくお返しをするのであれば、相手に喜んでもらいたいですよね。

どんなお返しが喜ばれるのでしょうか。

基本的に、お店で購入した友チョコをもらった場合は、お返しも購入したもので渡すと良いでしょう。

もし、手作りの友チョコをもらった場合は、手作り、購入したものどちらでも構いません。

手作りする場合は、ラッピング用紙もかわいいものを使うと見た目がさらに可愛く仕上がりますよ。

ちなみに、お返しの友チョコを選ぶ際、気合を入れて良いものをお返ししてしまうと相手の気が引けてしまう可能性があります。

いただいたものと同等もしくは少しだけいいものをお返しするのがおすすめです。

もし、予算があまりないという場合は、有名ブランドチョコを1粒をラッピングして贈るなどの工夫をすると良いでしょう。

お返しに一工夫を加えてさらに喜んでもらおう

せっかくなら、お返しする友チョコにちょっと一工夫を加えて、さらに相手を喜ばせてみませんか?

その一工夫とは、友チョコをもらったことに対するお礼の手紙を添えることです。

ただ、友チョコを渡すのも良いですが、そこにありがとうの感謝の気持ちを添えたメッセージが添えられていれば、さらに相手も喜んでくれることでしょう。

この一工夫があるだけで、印象がとても変わりますよ。

あげて楽しいもらって嬉しい友チョコ

友達のために手作りしてもお店で選んで買っても楽しい友チョコ。

彼のために作るよりも、友チョコを交換する方が楽しいなんて人もいるほどです。

お返しをするだけでなく、積極的に友チョコを渡してコミュニケーションの輪を広げてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ