タルト型って代用できる?小さいタルトを作る時の代用品が知りたい!

独特の食感がなんともクセになるタルト。

今は意外と簡単に家でも作ることができるため、手作りでも人気のスイーツとなっています!

でもタルト型がないと話になりませんよね。

ケーキのホール程あるものならケーキ型などでなんとかできるかもしれませんが、小さいタルトを作りたい時、それは困ります。

とはいえ買いに行くのは面倒くさい、なんとか代用できないものでしょうか?

実はかなり身近なもので、小さなタルト型を代用することができるんです!

そこで今回は、そんな小さなタルト型の代用品となる物をご紹介しましょう!

ちょっとしたコツがいることもありますが、大きく作業が異なることはないので、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

タルト型の代用品って何がある?~小さなタルトを作る時~

それでは早速、小さなタルト型の代用品についてご紹介しましょう!

いくつかありますので、あなたが一番使いやすい物をぜひ使ってみてください。

ココット

ちょっとした蒸し料理などで使われるココットは、小さいタルトの型としても活躍してくれます。

もちろんオーブン対応であることが必要ですが、そういったアイテムも多いので便利ですよ。

ただし、ちょっとした工夫が必要です。

・油分を塗っておく

ココットにそのまま生地を入れて焼くと、ココットに生地がはりつくことがあります。

それを防ぐために、薄く油分を塗っておきましょう。

おすすめはバターですが、もし使いきってない場合はサラダ油でもかまいません。

・焼き時間は少し長めに

ココットはタルト型のように火の通りがよくありません。

ですのでタルト型を使ったレシピを見ながら作る時は、少し長めの時間に設定しておきましょう。

同じ時間だと生焼けのこともあります。

必ず確認しながら焼く必要があります。

この二点は出来上がりにも関係する大切な事ですが、そんなに難しいことではないはず。

いつもよりちょっと注意しながら焼くだけで大丈夫ですよ!

スキレット

今大人気の小さなフライパンのようなスキレット。

このスキレットはオーブン対応の物が多いので、これも使う事ができます。

小さなスキレットを持っているなら、そこに生地を入れて焼いてみましょう。

分厚いものは硬く焼きあがることがあるので、注意してください。

焼きあがってからもそのまま食べられるので、たっぷりのフルーツや生クリームなどで飾り付ければ、おしゃれなデザートが完成します!

その際、火傷にはご注意を。

アルミカップ

アルミカップはオーブンでは使えますので、お勧めです。

様々な大きさの物もありますので、あなたが使いやすい大きさのカップを使ってください!

ちょっとしたプレゼントや、お土産にもお勧めですよ。

・アルミホイルでもOK!

もしアルミカップがないなら、アルミホイルでも代用可能です!

好きな大きさのお皿を用意し、そのお皿をすっぽりと覆うほどの大きさにアルミホイルをカットしましょう。

お皿にアルミホイルを押し当て、形を取ったらOK!

そこへ生地を入れて焼いてみましょう。

どちらもレンジ機能では事故につながりますので、使ってはいけません。

タルト生地は買ってくる

もしそういった物がないのなら、小さなタルト生地を売っていることがあります。

荒業とも言えるかもしれませんが、100円ショップでも見かけることがありますので、そんなにお菓子作りはしない方にもおすすめです!

そういった物を買っておけば、後はクリームなどを入れるだけです!

もちろん必要に応じて焼いてもいいのですが、生地は焼いてあるので型は必要ありませんよ。

【スポンサードリンク】

他にもある!タルト型の代用品!

先ほどは小さなタルト限定でしたが、大きな物を作る時にも代用品があります。

ケーキ型

こちらは底が深いので、工夫が必要です。

まずクッキングシートを敷き、底にタルト生地を敷きます。

側面にも2枚の長方形のタルト生地を隙間なくつけましょう。

最後につなぎ目を綺麗に伸ばして完成!

ちょっと面倒かもしれませんね。

耐熱皿

グラタン皿などの耐熱皿で代用が可能です!

ココットと作り方は同じなので、簡単ですよ。

大きめのスキレットでもOKです。

こういった物でも代用が可能です、ぜひ参考にしてくださいね!

タルト型がなくてもタルトは作れる!

あんまりお菓子は作らないから、タルト型を買うのはなあと思っている方は、ぜひ今回の方法を試してみてください。

きっと美味しくて、見た目にも大満足のタルトを作れるはずですよ!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ