花粉症対策!サングラスとマスクの効果について。

花粉の季節になると花粉症の人はあれこれ対策に悩まされますね。

花粉症対策で先ず思いつくのは、薬の使用でしょうか。

それから、外出時のマスクの着用ですね。

サングラスやマスクなどは、薬に頼らない方法の一つです。

マスクはウイルス対策のものから花粉症対策のものまで、様々な種類があります。

サングラスは花粉対策用のものがありますが、効果はどのようでしょうか。

また、普通のサングラスやメガネでは、花粉は防げないのでしょうか?

花粉症に対するサングラスとマスクの効果について、見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

花粉対策のサングラスの効果

花粉対策用のサングラスは、ゴーグルのような作りになっています。

レンズの内側にガードが付いていて、隙間が少ないため花粉がより入りにくくなっています。

また顔面に沿ってカーブした作りになっていたりと、フィット感が良くなっています。

花粉対策のサングラスを着用すると、何も着用しない時と比べて花粉を90%程度ブロックできるようです。

最近のものはデザインがスッキリしているので、見た目は普通のサングラスに近いです。

昔のゴーグルのようなゴツさは感じられません。

レンズは曇り防止効果があるものもあり、マスクをつけての着用時に曇らないのは良いですね。

メーカーによってはブルーライトに対応したものもあります。

デスクワークでパソコン操作が多い人は、オフィスでグラスを着用したまま仕事ができますね。

【スポンサードリンク】

普通のサングラスやメガネの場合

花粉対策のサングラスの見た目に抵抗がある人もいらっしゃいますね。

通常のメガネやサングラスでは、花粉には効果がないのでしょうか。

レンズと顔の間に隙間がありますから、多少は花粉が目に入ってしまいます。

それでも何もしない時の1/3程度まで、花粉が付くのを抑えられるようです。

マスクだけでは目に入る花粉を防ぐことはできません。

普通のメガネやサングラスを併用することでも、随分花粉がブロックできますね。

マスクの種類と効果

ドラッグストアに行けば、多くの種類のマスクが販売されています。

選ぶときに大切なポイントは、顔に密着できるかどうかです。

商品によっては立体構造になっていたり、鼻の部分にワイヤーで顔に沿うようになっていたりします。

おすすめはワイヤー入りで顔に密着できるタイプです。

デザインやサイズは、自分の顔にフィットするものにしましょう。

手軽でおすすめなのは、使い捨てのものを1〜2日に1回必ず交換する方法です。

衛生上できれば毎日交換して、清潔を保ちましょう。

布製のマスクを繰り返し使う場合に効果的なのは、マスクの内側にガーゼの当て布をして花粉をブロックする方法です。

マスクの洗浄はもちろんですが、この当て布も清潔を保つため必ず交換しましょう。

ウイルス対策用のものはフィルターの目が細かく高性能ですが、長時間使っていると花粉で目詰まりして息苦しく感じる人もいるようです。

花粉対策には、そこまで高性能でなくても良いかもしれません。

花粉を体内に入れないようにしよう

マスクやサングラスは、花粉対策にはとても役に立つことがわかりました。

重要なポイントは、必ず自分にあったものを選ぶことです。

隙間ができてしまっては、花粉の侵入を防ぐことができません。

それから、マスクは常に清潔を心がける必要があります。

花粉症の対策で最も大切なことは、体内に花粉を取り込まないことです。

サングラスとマスクは併用し、帰宅時には花粉を玄関先で落してから部屋に入りましょう。

帰宅後はすぐに洗顔、うがいをして花粉を落とすと、スッキリします。

部屋着に着替えるのも、花粉対策にはおすすめです。

少しでも快適に、花粉の季節を乗り切りたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ