日焼けの対処法!顔が痛い時の治し方

皆さん、夏を楽しんでいますか?

まだまだこれからが夏本番!楽しみな予定ばかりに心もウキウキ…♪

夏には海やプールへ行かれる方も多いと思いますが、気を付けて頂きたいのが日焼け!

家に帰ってきたら顔が真っ赤!ヒリヒリして痛い!私も経験ありますが、顔の痛みが気になって夜も眠れないほどでした…。

日焼けは、まさに火傷そのもの。皮膚が熱を持ったままの状態です。

日焼け止めをしっかりと塗ることは大切ですが、遊びに夢中になっていると、わざわざ塗り直したりするのって面倒ですよね。

そこで今回は、日焼けをしてしまった際の対処法・治し方についてまとめてみました。

今のうちに対処法・治し方を知っておけば、あの辛い痛みを和らげて早く治すことが出来ます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

日焼け後のアフターケア

冒頭でお話しした通り、日焼けとは皮膚が熱を持ったままの状態。

これを和らげるためには、熱を取り除き、炎症を抑える必要があります。

冷やす

まずは熱を取り除くために、とにかく冷やします。
1番良いのは、冷たいシャワーを浴びたり、水風呂に入ること。

顔の痛みもある場合は、水で濡らしたタオルを直接顔にあてると良いです。

または、保冷剤をタオルで巻いて顔にあてます。
保冷剤を使用する際は低温火傷にならないように、間隔を空けて冷やすようにしましょう。

保湿する

十分に冷やした後は、肌の乾燥を防ぐために保湿クリームを使用しましょう。

軟膏やワセリンは、配合されている成分によっては逆に日焼けの炎症がひどくなってしまうこともあるそうです。
薬剤師さんに相談してから使用する方が安心ですね。

【スポンサードリンク】

その他に心がけること

“冷やす”“保湿する”この2点が、日焼け後にまず行うべき対処法になります。

その他にも、日焼け後は回復を早めるために以下の点も心がけるようにしましょう。

水分補給
→日焼け後は、身体全体が水分不足の状態です。外側だけでなく、内側からの保湿も忘れずに。
睡眠
→肌の再生に欠かせないのが、十分な睡眠です。日焼けをした日はいつもより早めに寝るよう心がけましょう。
食事
→肌のダメージを回復させる栄養素として挙げられるのがビタミンA・C・E。
ビタミンA(緑黄色野菜に多い)
ビタミンC(緑黄色野菜、かんきつ類に多い)
ビタミンE(アボカド・大豆製品に多い)
これらを食事に取り入れ、バランスの良い食事を心がけましょう。

最後に

日焼け後に顔や腕などがヒリヒリして痛み、皮がポロポロと剥けてくることがあります。

気になって剥いでしまいたくなるお気持ちは分かります。

しかし、ご想像が付く通り剥いでしまうと炎症はますますひどくなります。

皮が剥けてくるのは、肌の保湿が足りていないということ。

しっかりと保湿をすることが大事です。

決して無理やり剥いで炎症を悪化させないようにしましょうね。

また、冷やしても痛みが引かない場合は水ぶくれになっている可能性があります。

このような時は自己判断でクリームを塗ったりせずに、病院へ行きましょう。

これから海やプールへ行かれる方の参考になれば、幸いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ