洗濯機の寿命の目安って?壊れたり洗濯槽のカビが気になったら交換するのか気になる!

洗濯機の寿命の目安って皆さんご存知ですか?

いつ買ったか覚えていない…という方は、要注意です!!

毎日使う大切なものなので、壊れてしまうと大変ですよね。

今回は万が一、洗濯機が壊れたり洗濯槽のカビが気になってきた場合に修理した方が良いのか?それとも交換すべきか?その後の対処法も一緒に見ていきたいと思います。

でも、できればせっかく購入した洗濯機ですから長く大切に使いたいものですよね。

そんなあなたの為に、出来るだけ長く上手に使うためのコツやポイントも合わせてご紹介していきたいと思います。

意外と知らない方の多い洗濯機の寿命、壊れた場合どうしたらいいのか?カビを防ぐための予防法も一緒に見ていきましょう。

洗濯機の寿命の目安は『7~8年』

洗濯機の寿命の目安は、メーカーにもよるので多少異なりますが7~8年と言われています。

これを聞いて意外と長いじゃん!と思った方もいれば、それしか持たないの…?と驚かれた方も多いでしょう。

この目安と言われているのには理由があります。

それは、メーカーが洗濯機の部品を保有する“メーカー部品保有期間”が大体7~8年だといわれているためなのです。

この期間内であれば、例え壊れた場合でもメーカーに問い合わせれば部品があるはずなので、修理してもらえますがこの期間を過ぎてしまうと修理するにも部品がない状態なので交換または、買い替えとなってしまうのです。

【スポンサードリンク】

2,500~3,000回が目安!

分かりやすく説明すると、買い替えまでには2,500~3,000回の使用が目安となります。

一日に何度も洗濯機を回している…という方は、7年は持たないでしょう。

もし何度も回しているという方は、出来る限り一回で終わるようにまとめてみると良いですね。

【スポンサードリンク】

壊れた時は焦らず交換しよう!

毎日使うものなので、どうしても壊れてしまう場合もあります。

そのような時には、7年経っていれば新しいものを、7年以内であれば修理することをお勧めします。

ただ、焦って購入すると納得のいかないものを選んでしまうこともあるので、前もって壊れた場合の予算を準備しておくと安心ですね。

カビや嫌な臭いがする…!いよいよ買い替え?

もしも普通に使っていて洗濯槽にカビが生えてきたり、嫌な臭いがしてきた時には買い替えるべきなのでしょうか?

まずは、すぐに買い替えを考えるのではなくカビが発生してしまった原因を突き止めましょう。

カビが発生する原因の多くは、汚れと湿気です。

雨の日など湿気が多い時には、換気扇をこまめに回したりしてカビの発生を防ぐ必要があります。

殆どの場合、綺麗に掃除したり洗濯機の槽洗浄をすればカビはすっきり取れるはずです。

ただし、購入してから7年以上が経過している場合には買い替えをお勧めします。

少しでも長く使うための『コツ』とは?

それでは、洗濯機の寿命の目安が分かったところで、少しでも長く使うためのコツやポイントを一緒に見ていきましょう。

せっかく購入した洗濯機です、すぐに壊れたりカビが生えてしまったら残念ですよね。

今から出来る予防法も合わせて確認していきましょう。

■詰め込みすぎないこと

G 09 02

入るからといって詰め込みすぎると故障の原因になるので要注意!

■使わない時は蛇口を閉めよう!

6e37e3467481e8284b835011807ab1d4

意外と知らない方も多いのですが、使わない時でも蛇口を開けておくと水の水圧を洗濯機が止めている状態になってしまうので、とても負荷がかかります。

面倒でも蛇口はこまめに閉めましょう。

■洗剤や柔軟剤を入れすぎない

洗剤を入れすぎてしまうと、センサーが反応しなくなり故障の原因となることもあります。

適度な量を心がけて!

■こまめにメンテナンスをしよう!

洗濯機には、『槽洗浄』など自動でメンテナンスしてくれる機能がついているので、月に一回でもメンテナンスを行うように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

洗濯機の寿命の目安はおよそ7~8年であること、壊れたりカビが発生する前に綺麗にして予防することも大切です。

出来るだけ長く使うためにも、こまめに掃除をしていつもキレイな状態を保つように心がけましょう。

また、いつ壊れても焦らないように予算を準備しておくと安心ですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ