あなたは知ってた?カフェラテとカプチーノの違いについて知りたい!

今やスーパーやコンビニなどでも、いろんな種類のコーヒーが楽しめるようになりました。

コーヒーがお好きという方には、嬉しいことですよね。

でも、時々飲むという方はその種類の違いまでご存知ですか?

例えば、カフェラテやカプチーノとはどんな違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、カフェラテとカプチーノの違いについてご紹介します!

ぜひカフェラテとカプチーノの違いを知って、選んでみてくださいね!

【スポンサードリンク】

カフェラテとカプチーノの違いって何?

それでは早速、カフェラテとカプチーノの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いがあるのでしょう?

カフェラテ

それではまず、カフェラテについてご紹介します。

カフェラテはイタリアで生まれた飲み物です。

カフェラテとは基本的に「エスプレッソにあたためた牛乳を混ぜたもの」のことを差します。

エスプレッソとはコーヒーの種類の一つで、イタリアでカフェというと、このエスプレッソの事を差すそうです。

これにあたためた牛乳(泡立てない)を混ぜるとカフェラテです。

ただし、これはイタリアでの方法でアメリカ式は少し違います。

あたためた牛乳を「泡立てて乗せた物」のことを差し、特にミルクがたっぷりと乗っている物をカフェラテと呼ぶそうです。

日本にある人気のコーヒー店などはアメリカ発祥のお店が多いので、後者の事を差す方が多いようです。

ただ、イタリア式でもアメリカ式でもミルクの割合が半分以上なので、飲みやすいコーヒーではあると思います。

カプチーノ

それでは次にカプチーノについてご紹介しましょう。

カプチーノもカフェラテ同様、イタリアで生まれた飲み物です。

こちらも「エスプレッソと牛乳」と使った物なのですが、決定的な違いは「牛乳をあたためて泡立てる」かどうかです。

ただし、こちらはイタリアでのカプチーノの場合で、アメリカでのカフェラテに当たります。

ではアメリカではカプチーノとは何のことなのでしょう?

アメリカでのカプチーノは、エスプレッソと牛乳を温めて泡だてたものの割合が半分ずつの物を差すそうです。

カフェラテはたっぷりのミルクを使いますが、それに比べるとカプチーノの方が牛乳の量は少ないと言われています。

カフェラテと比べると当然ビターで、大人の味と言えるかもしれませんね。

苦みとミルクのバランスがとてもよく、カフェラテではミルクの味が強いという方は、カプチーノを飲んでみてください!

【スポンサードリンク】

エスプレッソって何?

それでは二つの飲み方に共通する、エスプレッソとは何のことなのでしょう?

イタリアで生まれた淹れ方

カフェラテもカプチーノも、どちらもイタリアで生まれたことはご紹介しましたよね。

そんなイタリア生まれという以外にも、エスプレッソを使うという点も共通点としてありました。

このエスプレッソ、実はイタリアで生まれた淹れ方の事を言うんです。

また酸味が少なく、苦みが多いと言ったエスプレッソに適した豆もあり(ドリップに適した豆は逆)かなり大きく異なるんですよ!

どんな淹れ方をするの?

日本では、フィルターを通して作る「ドリップコーヒー」が一般的で、実際にご自宅でもやっている方が多いと思います。

イタリアで生まれたエスプレッソという淹れ方は、ドリップを使いません。

「エスプレッソマシーン」と呼ばれる機械を使って淹れます。

これはコーヒー豆に高い圧力をかけ、短時間で抽出する方法です。

ドリップはそれなりに時間もかかる入れ方ですので、時間に関しても違いがありますね。

また、圧力をかけることでとても濃いコーヒーができます。

旨みも凝縮されていて、カフェインも少ないんです。

ただその分、同じだけのコーヒー豆を使っても、量が少なくなることは知っておいた方が良いかもしれません。

苦みを楽しみたい方におすすめ

エスプレッソは苦いコーヒー豆から、味が濃くなるように抽出されているので、苦味が強いです。

ドリップでブラックは飲めても、エスプレッソでは無理、という方は、カフェラテやカプチーノで楽しんでみてはいかがでしょう?

ちょっとした違いを知って、美味しく飲もう!

カフェラテとカプチーノの違いは、ベースは同じで牛乳の使い方の違い、もしくは牛乳の量が違うものでした。

とはいえどちらにもお互いにはないものを持っています。

ぜひこの違いを知っておいて、その時の気分に近い方を選んで飲んでみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ