おはぎって冷凍できるの?賞味期限がどのくらいなのかも合わせて知りたい!

甘くてて食ベごたえも抜群なおはぎ!

でも食べ応えがある分、いつも賞味期限までに食べきれない、なんてことはないでしょうか?

折角のおはぎなのに、食べきれずに捨ててしまうのはもったいない。

なら冷凍はできないものでしょうか?

また、自分でおはぎを作った場合や、冷凍にした場合の賞味期限は一体どうなるのでしょうか?

今回はそんなおはぎを冷凍にしても良いのか、そして賞味期限はどうなるのかという事についてご紹介します!

おはぎが大好きという方は、ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

おはぎって冷凍できるの?

それではまず、おはぎの冷凍保存についてご紹介しましょう!

手作りの物や市販されている物も、冷凍して大丈夫なのでしょうか?

冷凍OK!

ちょっと意外かもしれませんが、実はおはぎは冷凍することができます!

普通にパックされている物はもちろん、お弁当等に小さなおはぎが入っていることもありますよね。

あれらは冷凍された状態でメーカーから送られてきていますので、冷凍保存は可能です。

もちろん手作りの物も可能ですよ!

冷凍方法

・必要な物

ラップ

フリーザーバッグ

・方法

1、おはぎを一つずつラップにくるみましょう。

できるだけ空気を入れないようにして包んでください。

2、おはぎをラップで包んだら、フリーザーバッグなどに入れて空気を抜いたら冷凍庫へ入れておきましょう。

解凍方法

基本的には自然解凍です。

バットなどに入れて、冷蔵庫などへ入れて解凍しましょう。

時々様子を見て、ちょうどいい硬さになったら食べごろです!

ただ、ずっと冷蔵庫へ入れっぱなしにしないように注意してください。

・レンジも使えます

電子レンジで温めてもOKです!

解凍機能を使って1分ほどチンすれば解凍は終了です。

あまり長くあたためると、餅の部分が溶けてドロドロになります。

様子を見ながら行ってくださいね!

手作りはできるだけ早めに冷凍庫へ

手作りのものは、雑菌の付いた手で作ることも多い為、常温で置いておくとどうしても雑菌などが繁殖しやすい状態となっています。

ですので、すぐに食べないのであれば即冷凍しましょう。

安心安全に食べることができます!

冷蔵庫で保存はしないで!

冷凍庫での保存はできるとわかっていただけたと思いますが、冷蔵庫はどうなのかご存知ですか?

実はNGなんです。

おはぎはお米で出来ていますよね。

このお米は冷蔵庫の温度ではカチカチに固まってしまうんです。

ご飯なども、冷蔵庫に入れるとカチカチになりますよね、それと同じ理屈です。

解凍時に冷蔵庫へおはぎを入れっぱなしにしてはいけないのは、これが理由です。

【スポンサードリンク】

おはぎの賞味期限は?

それではおはぎって基本的にはどのくらいの賞味期限なのでしょう?

市販のものであれば書いていますが、手作りや冷凍した場合はまた変わってきます。

一体どのくらいなのでしょうか。

手作りのおはぎ

・常温

すぐに食べるから冷凍はしない、でも硬くなるから冷蔵庫には入れたくないという方は常温保存しましょう。

時期にもよりますが、その場合の賞味期限は寒い時期であれば一日。

暖かい時期であれば半日程度です。

手作りのものは素手についている雑菌が付くため、市販の物よりも短い賞味期限となっています。

・冷蔵

基本的に冷蔵庫は入れて保存すると硬くなると思ってください。

それでも冷蔵保存したいのなら野菜室へ入れましょう。

少しだけ硬くなるのが緩やかになります。

それでもおいしく食べたいのなら半日が限界ですね。

消「費」期限としては2~3日程度は大丈夫なようです。

冷凍

それでは冷凍したものはどうでしょうか?

冷凍であれば、手作りでも市販のものでも1カ月程度は持ちます。

それ以上も問題なく食べることはできるのですが、冷凍焼けすることがあります。

そうなるとせっかくのおはぎも美味しくないですよね。

ですので美味しく食べることができる賞味期限は、1カ月だと覚えておいてください。

手作りする時は、少なくとも1カ月程度で食べきれる量を作るようにしてくださいね!

おはぎは冷凍保存をして食べよう!

おはぎは冷凍保存が可能どころか、むしろ推進されている保存方法でしたね。

例え次の日食べるとしても、おはぎに関しては冷凍しておいた方がよさそうです。

ぜひあなたもおはぎが余った時は、冷凍庫へ入れて美味しい状態で保存してくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ