体を温める飲み物と冷やす飲み物について知りたい!

食べ物には体を温めるものと、反対に体を冷やすものがあることはよく知られています。

実は飲み物にも体を温める飲み物と、体を冷やす飲み物があるのをご存知でしょうか。

最近冷えが気になっているという人は、もしかしたら普段何気なく飲んでいる飲み物に原因があるのかもしれません。

体が冷えていると代謝が悪かったり免疫力が低下したりと、様々な不調をきたしてしまいます。

体が冷えている人は体を温める飲み物に変えることで、不調を改善することができるかもしれません。

体を冷やす飲み物は、暑いときに上がりすぎた体温を下げてくれる働きがあります。

夏の火照った体を冷やすには、体を冷やす飲み物を上手に取り入れたいものです。

では、体を温める飲み物、体を冷やす飲み物について、具体的にみていきましょう。

【スポンサードリンク】

飲み物の見分け方

寒くて体が冷えている時に、暖かいコーヒーを飲んでも実は体は温まりません。

それはコーヒーには体を冷やす作用があるからです。

温めているからといって、体が芯から温まっているわけではないのですね。

では、どのような飲み物が体を温めるのでしょうか。

反対に、何を飲むと体を冷やすのでしょうか。

以下に特徴をまとめました。

⑴発酵させた飲み物は体を温める

例えば、紅茶は茶葉を発酵させて作りますから、体を温める働きがあります。

緑茶は発酵していませんから、体を冷やします。

他には、ワインや日本酒がそれに当たります。

⑵色が赤いもの、黒いものは体を温める

紅茶や烏龍茶、黒豆茶など、色の濃い飲み物は体を温めます。

逆にビールや牛乳は体を冷やします。

コーヒーは色は濃いですが、これには該当しません。

⑶暑い地域が原産の飲み物は体を冷やす

コーヒーが体を冷やす飲み物である理由は、コーヒー豆の原産地がコロンビアやブラジルなど暑い地域であるからです。

他には砂糖が入った清涼飲料水、果物ジュースは体を冷やします。

【スポンサードリンク】

体を温める飲み物

体を温める飲み物は次のようなものです。

冷え性の人は、これらを取り入れると改善されるのではないでしょうか。

●茶
紅茶、ほうじ茶、烏龍茶、黒豆茶、ごぼう茶、たんぽぽ茶

●お酒
日本酒、紹興酒、赤ワイン

●その他
生姜湯、ココア、白湯

体を芯から温めたい場合は、生姜紅茶などはとてもおすすめですね。

スパイスが入ったホットワインも、ポカポカと温まります。

白湯は体温より少し暖かいくらいのものを飲むようにします。

胃腸を温め体温を上げることにより、代謝も改善されます。

体を冷やす飲み物

体を冷やす働きがある飲み物は、次のようなものです。

夏場で暑く、火照った体の体温を下げたい場合はこれらがおすすめです。

●茶

緑茶、抹茶、麦茶

●コーヒー、ジュース類

コーヒー、牛乳、豆乳、野菜果物ジュース、清涼飲料水

●お酒

ビール、焼酎、ウイスキー

冷えた麦茶は暑い夏の定番ですね。大麦には熱を冷ます作用があります。

カフェインが入った飲み物は、利尿作用により体を冷やします。

玉露はコーヒー以上にカフェインが多く、暑くても体を冷やします。

飲み物で体質改善を

このように、飲み物によっては体を温めるものと、暖かくして飲んでも体を冷やすものがあることがわかりました。

これらの働きを上手く利用することで、冷え性や火照りなどの不調を改善させることができるでしょう。

気をつけたいのは、暑い時に冷たいものを飲み過ぎてしまうことです。

内臓を冷やしすぎて思わぬ不調を招いてしまうことのないよう、飲み方にも気をつけてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ