入学祝いはどうする?小学校、中学校、高校、大学と進学先別に相場をご紹介します!

親族や知り合いのお子さんが進学する、そんな時、あなたは入学祝いをどうしていますか?

小学校、中学校、高校、大学と進学毎に渡しているのなら、前と同じものは渡せませんよね。

でも小学校、中学校、高校、大学と入学祝いの相場に違いはないのでしょうか?

今回はそんな小学校、中学校、高校、大学といった進学先別に、入学祝いの相場についてご紹介します!

新しい場所で勉強を頑張ってほしい、そんな気持ちを込めて、ぜひ入学祝いを送ってみてください。

【スポンサードリンク】

入学祝いを小学校に進学する子に贈る時の相場は?

まずは小学校へ進学するお子さんのいるご家庭へ入学祝を渡す時の相場です!

大体1万円前後

小学校の入学祝いは大体1万円程度だと言われています。

曾祖父母や祖父母は1万円程を目途に考えれば、問題ありません。

ただ、小学校ですとランドセルを贈るという方も多いので、そうなるとその3倍ほど位になることもあります。

親戚の子の入学祝は、5千円から1万円、知り合いなら3~5千円の間です。

それでは、具体的にどんな物を送っているのでしょうか?

ランドセル

小学校ならではの贈り物です。

絶対に必要なランドセルはプレゼントの定番とも言えます。

ただし、知り合いや親戚よりは祖父母におすすめのアイテムです。

ぜひ本人と一緒に見て、お気に入りのランドセルをプレゼントしてください!

腕時計

小学校1年生となると時計の読み方を勉強します。

ですので時計をプレゼントするという方も多いんですよ!

シンプルなものでもかわいいものでも、あなたのセンスでぜひ贈ってみてください。

【スポンサードリンク】

入学祝を中学校に進学する子に贈る時の相場は?

それでは次に中学校に進学する時に贈る入学祝についてご紹介しましょう!

相場について

中学校の入学祝でも、相場はそんなに変わりません。

曾祖父拇や祖父母は1万円円程度、親戚は5千円から1万円、知り合いなら3千円から5千円程度です。

それでは贈り物に関してはいかがでしょう?

小学校進学時と違いがあるのでしょうか?

電子辞書

中学生になると、本格的な英語の授業が始まるという事もあって辞書を引く事も増えます。

ですので、電子辞書を贈るのもおすすめです。

今は中学生モデルも販売していますので、そういった物を贈るのが良いですね。

財布

おこずかいを本格的にもらいだす子供も多いので、財布もおすすめです。

小学校は子供っぽい財布でもよくても、中学校になるとそうもいきません。

ですので、シンプルでおしゃれな財布を贈ってみてはいかがでしょう?

入学祝いを高校に進学する子に贈る時の相場は?

それでは、高校に進学する子に贈る入学祝の相場はどのくらいでしょうか?

相場について

高校では相場が少し上がります。

1万円程度だった相場は2万円程度になります。

これは合格祝いも含めた金額となるためです。

知人でも1万円程度の金額が一般的のようです。

それでは贈り物に関してはどうでしょう?

ギフトカード

高校になると、物を贈るというよりはギフトカード等で好きな物を買ってほしいという方が多いようです。

ですので、多くの場所で使えるようなギフトカードがおすすめです。

現金でもいいのですが、受け取ってもらえないことも多いようですよ。

音楽プレーヤー

通学時間が長くなる高校。

その間に音楽を聴きたいというお子さんも多いはず。

ですので、こういった音楽プレーヤーは喜ばれますよ!

入学祝いを大学に進学する子に贈る時の相場は?

それでは最後に、大学に進学する時に贈る入学祝の相場はどのくらいでしょう?

相場について

大学も金額がぐっと上がり、曾祖父母や祖父母は3万円から10万円。

親戚でも1万から3万円、知り合いも5千円から1万円ほどとなります。

ブランド物

大学生は、高校までとはがらっと変わります。

オシャレにしたいという方も多いので、財布やキーホルダーなどのブランド物がおすすめです。

女性にはポーチ、男性にはキーケース等もおすすめですよ!

現金

大学進学を機に一人暮らしをする方も多いですよね。

ですので現金を贈るのもおすすめです。

ギフトカードでもよいのですが、よりいろんな範囲で使える現金の方が、大学生にはよさそうですね。

その時は新札を用意することを忘れずに。

お祝いの気持ちを込めて入学祝を贈ろう!

入学祝いに大切な事は、お祝いの気持ちを込めること。

ぜひ進学おめでとうと一言声をかけたり、メッセージを添えてお祝いを贈ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ