妊婦さんの花粉症、辛い鼻水に悩まされる前にできる事。

妊婦さんの中には、毎年春に花粉症に悩まされる人もいらっしゃいますね。

また花粉症とは別に、妊婦さんは鼻水が出やすくなります。

実は妊娠すると、もともと花粉症の人は症状が強くなる傾向があるようです。

しかも毎回薬に頼っていた人は、妊娠中はそれができなくなります。

花粉の季節が来る前にしっかり予防することで、辛い鼻水の症状が緩和できます。

それでは花粉症の妊婦さんが、辛い鼻水に悩まされる前にできる事を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

花粉症が悪化する仕組み

妊娠するとホルモンバランスが大きく変化し、花粉に対するアレルギー反応が人によっては強く出たりすることがあります。

これは妊娠によるホルモンの影響での、体質の変化が一番の原因です。

中には体質が変わって、治った人もいるようです。

または自律神経が乱れることから、妊娠性鼻炎を発症することがあります。

花粉症に似ていますが、これはストレスによる鼻の粘膜のむくみが原因です。

今まで花粉症でなかった人が、妊娠をきっかけに酷いくしゃみや鼻水などの症状に悩まされる場合は、病院で検査を受けてみましょう。

花粉症ではなく、妊娠性鼻炎の可能性もあります。

花粉症の人は、毎年その時期になると発症することが分かっています。

事前に出来る対策をしておくことで、症状が強く出るのを防ぐことができます。

【スポンサードリンク】

薬の使用について

残念ながら、妊娠16週までは薬の使用は控えなければいけません。

この時期は胎児の重要な体の器官が作られるためです。

目薬や点鼻薬ですと使えるものもありますから、症状が出た時は病院で妊娠中でも使用可能なものを処方してもらいましょう。

妊娠中期以降の薬の服用に関しても、必ず病院で処方されたものを使用しましょう。

妊婦さんができる花粉症対策

花粉症などのアレルギーには、乳酸菌の摂取が効果的だと分かってきました。

ヨーグルトなどを積極的に摂り、腸内環境を整えることでアレルギーを起こしにくい体質に近づけることができるでしょう。

花粉のシーズンの前に、レーザー治療をしておくのも一つの方法です。

費用は多少かかってしまいますし永久的なものではありませんが、かなり効果が期待できます。

毎回症状が酷い場合は、検討してみてはいかがでしょうか。

花粉は寄せ付けないように

他にするべき対策としては、花粉の季節に洗濯物を外に干さない、日中に窓は開けないなど、室内に花粉を持ち込まない事です。

外出時は必ずマスクをし、体内に花粉を取り込まないようにしましょう。

帰宅時には、上着についた花粉を落としてから室内に入るようにします。

コートは花粉がつきにくい素材のものがおすすめです。

手洗い、うがいも忘れずに、花粉を洗い流しましょう。

コンタクトレンズは外して洗浄するとスッキリします。

飛散量が多かった日は、髪にもたくさん花粉がついてしまっています。

帰宅後すぐにシャワーを浴びて、花粉を落としてしまうのが良いでしょう。

掃除もこまめに行いましょう。

毎日の事ですが、花粉を寄せ付けないのが一番の対策です。

少し気をつけるだけで、症状を重くせずに済むかもしれません。

症状が重くストレスになるようなら、病院で相談しましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ