妊婦さんの便秘や腹痛の解消法!

妊婦さんの中には、便秘に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

妊娠するとホルモンの関係や、大きくなった子宮に腸が圧迫されるので、妊婦さんは便秘になりやすくなります。

便秘になるとお腹が余計に張ってしまいますし、気分も晴れません。

便秘に伴う腹痛も辛いですよね。

腹痛にも便秘によるものとそうで無いものがあり、注意が必要なこともあります。

では妊婦さんにとって辛い、便秘と腹痛の解消法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

妊婦さんはなぜ便秘になりやすいの?

妊娠すると女性ホルモンが増加するのですが、胃腸の動きを抑え、筋肉をゆるめる働きがあります。

腸のぜん動運動が抑えられると、便が下に移動しにくいため便秘になります。

また、妊娠週が進むと子宮が大きくなり、腸が圧迫され便通が悪くなります。

妊娠してから運動不足になったり、悪阻などで水分が十分補給できなくなることも原因の一つです。

【スポンサードリンク】

薬に頼らない便秘の解消法

便秘による腹痛は、便秘が解消すれば治ります。

しかし辛いからと妊娠中に自己判断で市販の便秘薬を使うのは、避けるべきでしょう。

中には子宮収縮を引き起こす成分が含まれているものもあり、それらは新婦さんは使うことはできません。

まずは食事の中で直ぐに実践できる、便秘の解消法を試してみましょう。

●水分補給をしっかりと

妊娠中は血液や羊水のために、より多くの水分が必要になります。

しかし悪阻がひどかったりなどで、水分補給が疎かにもなりがちです。

普段よりも意識して、水分補給するようにしましょう。

一度に大量にではなく、こまめに摂取するのが良いようです。

●食物繊維を摂る

毎回の食事に、必ず野菜や豆類、雑穀などを食べて、食物繊維をしっかり摂りましょう。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は海藻類やこんにゃく、果物に多く含まれており、便の水分を増やしてくれます。

不溶性食物繊維は穀類、豆類、野菜などに含まれており、便のかさを増やします。

不溶性のものばかりを摂ると却って便秘がひどくなるので、必ず水溶性のものと併せてバランスよく摂りましょう。

また食事の量は、1度に多く食べ過ぎないようにする事も大切です。

●プロバイオティクス

ヨーグルトやチーズ、納豆、キムチなどの発酵食品には乳酸菌などの俗に言われる善玉菌が含まれていて、腸内環境を整える役割があります。

それを腸内で増やすにはプレバイオティクス、いわゆる善玉菌の餌になるものも必要です。

先に挙げた食物繊維と、オリゴ糖を含む食品を一緒に摂るようにしましょう。

オリゴ糖を多く含む食品には、バナナ、はちみつ、きな粉、サツマイモなどがあります。どれもヨーグルトに合いそうですね。

玉ねぎにも含まれていますので、玉ねぎサラダにキムチ納豆なども献立として良さそうです。

●運動する

妊娠すると動くが億劫で、運動不足になりがちです。

運動不足は便秘にもつながります。

ウォーキングは一番取り入れやすい運動のひとつです。

週に1〜2日は意識して、体を動かすようにしましょう。

マタニティーヨガやマタニティースイミングを試すのも良いでしょう。

そして以外と良いのが拭き掃除です。

腰を意識して左右に動かしながら床拭きや窓拭きをすると、腹筋に効いて便秘解消にも効果が期待できます。

家の中も綺麗になるので、一石二鳥ですね。

どうしても解消しない場合は病院へ

便秘がなかなか解消せず辛い症状に悩まされる事は、妊婦さんには大変なストレスになります。

いろいろ試しても治らない場合は、産婦人科でお薬を処方してもらいましょう。

妊婦さんでも安心して服用できる、便秘薬や漢方薬を処方してもらえます。

腹痛で病院にかかったら、便秘ではなくて他に原因があったということもあります。

気になることは医師に相談してみましょう。

良くないのは、ストレスを溜めてしまうことです。

規則正しい生活リズムで、無理のないリラックスした過ごし方ができるように心がけていきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ