年末の挨拶はきちんとしていますか?メールで挨拶をする時の例文をご紹介!

一年で最もバタバタとしていると言ってもいい年末。

大掃除や新年の準備で、目が回るほど忙しいですよね。

でもその中でもきちんとしておきたいのが、年末の挨拶。

わざわざ年賀状は出さなくてもメールで位は挨拶しておきたいですよね。

特にビジネスの方は、年賀状にプラスしてメールで年末の挨拶を送りたいという方も多いはず。

そこで今回は、そんな年末の挨拶をメールで送る時に使える例文をいくつかご紹介しましょう。

ビジネスとプライベートとで分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

年末の挨拶はメールで送りたい!~ビジネス編~

それではまず、ビジネスで使える年末の挨拶例文をご紹介しましょう!

ぜひ参考にしてくださいね。

社外に送る場合

タイトル「お世話になっております。 ○○会社 ○○ 」

△△会社

△部 △様

いつも大変お世話になっております。

○○会社の○○です。

今年も早いもので年末のご挨拶をする季節となりました。

貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申しあげます。

来年も誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

尚、当社は年末年始休業とさせていただきます。

その期間は下記の通りです。

年末年始休業期間

12月○日(○)~1月○日(○)

※新年は1月○日○時より営業開始です。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦ください。

時節柄、ご多忙のことと存じます。

くれぐれもお体にはご自愛ください。

来年も変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げ、歳末のご挨拶とさせていただきます。

社内では?

タイトル「年末のご挨拶 ○○部 ○○」

今年も残りわずかとなりました。

いろんな事がありましたが、それを無事乗り越えることができたのも、皆さまが暖かく支援して下さったおかげです。

来年も何かとご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

新年、皆様と元気な姿でお会い出来ます事を楽しみにしております。

よいお年をお迎えください。

いかがでしょうか?

特に社外メールは緊張するものだと思うのですが、上記のように書いておけば、間違いないと思います。

社内メールは社外よりもシンプルな形でOKです!

日ごろの感謝の気持ちを込めて、そしてこれからもよろしくという気持ちを込めて、メールを作ってみてください。

【スポンサードリンク】

年末の挨拶はメールで送りたい!~プライベート編~

それでは次に、プライベートで使える挨拶をご紹介しましょう!

シンプルな挨拶

「今年一年お世話になりました。

まだまだ寒さも続くので、体には十分気をつけてくださいね。

来年もどうぞよろしくお願いします。」

「今年は何かとお世話になりました。

来年もご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。」

「今年は○○してくれてどうもありがとう。

来年もいっぱい遊びに行こうね!

よいお年を」

近状を交えて

「今年は結婚することも出来て、大変幸せな一年となりました。

これも○○さんのおかげです、どうもありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。」

「○月に△県へ引っ越しました。

心機一転、家族で頑張っております。

来年は○○さんもぜひ遊びにいらしてくださいね。

よいお年をお迎えください」

「今年は転職をし、新しい職場で心機一転頑張っております。

またお話を聞いていただくこともあるかと思います。

その時はよろしくお願いします。

よいお年を」

なかなか会えない友達へ

「今年は会えませんでしたね

来年こそは会いたいと思っております。

また改めてご連絡しますね!

よいお年をお迎えください。」

「今年は会えなかった分、来年はいっぱい会いたいね!

○○がすごく良かったから一緒に行きたいと思ってるよ!

来年もよろしくお願いします。」

いかがでしょうか?

プライベートに関しては短いメールでも届くと嬉しいものです。

特に普段あまり会わない方には、連絡する絶好のチャンスですので、ぜひ送ってみてくださいね!

しっかり挨拶をして、気持ちの良い新年を迎えよう!

年末のあいさつは、日頃の感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスでもあります。

是非一年の最後に、感謝の気持ちを込めてしっかりと挨拶をして、気持ちのいい新年を迎えるようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ