免疫力を高める食べ物や食材と、手軽な取り入れ方

免疫力とは病原菌やウイルスに対する、自己防衛機能のことです。

不規則な生活であったり不摂生が続くと免疫力は低下してしまい、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりします。

この免疫力を高める為には運動や生活習慣の見直しがあります。

その中でも取り入れやすいのが、普段口にする食べ物や食材からです。

ではどのような食べ物や食材が免疫力を高めることができるのでしょうか。

またその食べ物や食材の、効果的な摂り方はどのようでしょうか。

免疫力を高めるために良い食べ物はたくさんありますが、今回は毎日の食事で簡単に取り入れられるものを紹介します。

【スポンサードリンク】

免疫力はお腹の中から

免疫細胞の7割が腸で作られています。

この免疫細胞を作るのにとても大切な役割を果たしているのが、腸内の細菌です。

腸内には様々な細菌が存在しており、腸内の細菌を増やすことがそのまま免疫力の向上につながっています。

お腹の調子が悪いと、食べ物が消化できず栄養が十分に吸収されません。

お腹の調子を日頃から整える為に、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を含む食品を摂ることが大切です。

発酵食品にはそれらの菌がたくさん含まれています。

●主な発酵食品

ヨーグルト、チーズ、キムチなどの漬物、味噌、納豆

それと合わせて善玉菌の餌になるオリゴ糖と食物繊維を含む食品を摂ることで、腸内の細菌を増やすことができます。

●食物繊維が多い食品

豆類、根菜類、キノコ類、海藻類、リンゴやバナナなど果物類

例えば果物と一緒にヨーグルトを食べたり、具沢山の味噌汁などを食べたりすることは、簡単に取り入れることができるでしょう。

腸内の環境が整うと、もう一つ良いことがあります。

ストレスにより自律神経が乱れると、免疫力の低下を招いてしまうのですが、お腹の調子を整えることで改善することができるのです。

実はセロトニンという神経伝達物質があり、その多くが腸で作られます。

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、腸内で多く作られれば自律神経が整い、結果的に免疫力が高められます。

【スポンサードリンク】

体温を上げる食べ物

体温が上がると、免疫力も上がります。

平熱が低い人は血液の循環が悪く、白血球の働きが悪くなってしまいます。

白血球は免疫に関わるもので、働きが悪くなれば免疫力は下がってしまいます。

また、腸の働きも悪くなってしまいますので、せっかく腸内環境の改善に取り組むのなら体を温めるように心がける必要があります。

体を温める食べ物は次のようなものです。

●野菜類

ニンニク、生姜、玉ねぎ、ごぼう、ニラ、人参

●果物、ナッツ類

りんご、桃、松の実

●肉、魚などたんぱく質

赤身の肉、鶏肉、青魚、卵

旬が冬の野菜や土の中で育つものは、体を温める性質があるものが多いです。

ニンニクは特に抗酸化力が高いのですが、少量なら普段の料理にも取り入れやすいのではないでしょうか。

また、温かい飲み物を飲むようにすると体が温まり、免疫力を高めることができます。

オススメは生姜紅茶。温かい紅茶にすり下ろした生姜を加えるだけで、簡単に作ることができます。

温かい飲み物でも、緑茶とコーヒーは体を冷やす性質があるので、飲み過ぎには注意しましょう。

バランスの良い食事を心がけて

いろいろな食べ物をバランスよく食べ、適度な運動と規則正しい生活を心がけることが、免疫力を高めるのには大切です。

しかし、仕事などで忙しいと食事も簡単に済ませがちです。

避けたい食事は、ファストフードや加工された食品に偏ってしまうこと。

保存料などの食品添加物の中には、腸内細菌を減らしてしまうものもあります。

まずは普段の食事に一品、お腹に良い食べ物を取り入れてみましょう。

例えば、ヨーグルトや納豆、具沢山の味噌汁を足すなどは、比較的簡単で続けやすいですね。

それ以外には、薬味に生姜やニンニクを取り入れたり、できるだけ温かい飲み物を飲むようにするのもオススメです。

免疫力を高めるのに効果のある食べ物を、食習慣に取り入れてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ