筋肉痛を治す方法とは?太ももやふくらはぎの辛い痛みに!

筋肉痛ってとっても辛いから早く治したいですよね?

とくに太ももやふくらはぎの筋肉痛は歩いたり、立ちっているだけでも気になります。

なぜ筋肉痛になるのか、つらい太ももやふくらはぎの筋肉痛を治す方法を色々と
調べてみましたので、ご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

筋肉痛とは?

筋肉痛とは筋肉に痛みが生じることで、一般的に筋肉痛と呼ばれているのは

運動後、数時間後から数日後に始まる遅発性筋肉痛の事です。

遅発性筋肉痛が起きるメカニズムについては、まだはっきりとした

原因が解明されておりません。スポーツ科学の専門家の意見が一致

しているのは筋肉痛を感じている時は、筋肉が損傷した部分を修復

しているということです。

【スポンサードリンク】

筋肉痛を治す方法

筋肉痛を治す方法については以下の方法があります。

・マッサージ・・・マッサージは手や指で静脈やリンパの流れを良くし、疲労の回復を早めます。
 
運動直後のマッサージは効果が期待できます。
 
注意点は気持ちよく感じられる範囲でのマッサージをしてください。
 
強くマッサージしてしまうと筋肉痛になっている部分は筋肉が損傷している
ので、筋肉痛が余計に悪化する可能性があるからです。

・ストレッチ・・・体の筋肉を良好な状態にする目的で、その筋肉を引っ張って伸ばすこと。
 
強く伸ばしすぎないように、気持ち良いと感じられる程度のもので
無理しないように行いましょう。

・食事
 
筋肉痛に効果的とされている栄養はたんぱく質やビタミンB群や亜鉛と言われています。
 
たんぱく質が多く含まれている食品は牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類、卵
大豆(大豆製品)、乳製品などになります。

ビタミンB群が多く含まれている食品は、 豚肉、うなぎ、玄米等にビタミンB1が多く含まれます。
ビタミンB6は、 レバー、まぐろ、かつお等に多く含まれます。

亜鉛が多く含まれている食品は牡蠣、牛肉、魚の赤身などに多く含まれます。
 
筋肉痛の時は、このような食品を食事の際に取り入れると良いと思います。

・睡眠
 
筋肉痛を回復させるのに重要な項目である睡眠です。
 
筋肉の損傷を修復させる成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
 
22時から2時は成長ホルモンが分泌されやすい時間帯と言われており
この時間に就寝することで筋肉痛を早く治すことが出来ます。

 

最後に

筋肉痛を早く治す方法については、痛みが強い場合はマッサージやストレッチは控て
筋肉痛に効果的な食事と十分な睡眠を取ることが重要だとわかりました。

いかかでしたか?少しでもあなたの知識になったのであれば嬉しいです。

 
 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ