カラオケで歌うコツって?高音を出すコツについてご紹介!

かなりいろんなところに店舗があり、手軽なレジャーともなったカラオケ。

気持ちよく歌を歌ってストレスを発散している方も多いですよね!

でも高音を出す時に上ずってしまうと、折角気持ちよく歌っていても、もやもやとしてしまいます。

とはいえなかなか高音を出すのは難しい。

高音をうまく出すコツはないのでしょうか?

そこで今回は、カラオケで高音を出すコツについてご紹介しましょう!

是非高音でお悩みの方は、ご紹介するコツを使って高音の歌も楽しくカラオケで歌ってくださいね!

【スポンサードリンク】

カラオケを歌うコツは?~高音を出すコツについて!~

それでは早速、カラオケで高音を出すコツについてご紹介しましょう!

一体どんなコツがあるのでしょうか?

ウォーミングアップをしよう!

まずはウォーミングアップからです。

リップロールというウォーミングアップ方がおすすめです。

方法は簡単で、まずは軽く唇を閉じて突き出します。

リラックスした状態で、軽く息を吐いてみましょう。

唇が振動していたら成功です!

その状態で、声を出します。

少しづつ高くしていって、地声が裏声になる時、出来るだけひっくり返らないように練習しましょう。

これが終わったら最後に音を高い所から下げる練習もします。

もし出来ない時は、ほっぺたを手で軽く持ち上げる、もしくは唇をぬらすことでうまくできますよ!

・喉のリラックス効果あり

高音を出す時、どうしても喉を締めて歌ってしまいがちですが、これをすることで喉のマッサージとなり、リラックスした状態にできるんです!

高音を歌う時に、かなり有効なウォーミングアップですよ!

目を閉じない

意外と多いのが、苦しいからと目を閉じて歌う方。

これは実は逆効果なんです。

高音をうまく出す方というのは、顔の空間をうまく使っていると言われています。

表情筋の動かし方がうまいという事です。

具体的には「鼻の穴を広げるように」するイメージなのですが、これが目を閉じないことと関係があります。

頑張って鼻の穴を目一杯開こうとすると、目を閉じることはできないはずです。

目を見開き、口も大きく開きますよね。

実はこうなると喉も開きやすく、高音も出しやすくなるんです!

鼻は音を響かせる空間でもあるので、鼻の穴を開くこともとても大切です。

ただ初めは難しいと思うので、表情筋をうまく動かす練習として、とにかく目を閉じずに大きな口を開けて歌うようにしてみてください。

頭の上で声を出しているイメージで

歌を歌うと聞くと、どうしても口で歌う事をイメージしてしまいがちですが、特に高音を出す時はそれではいけません。

よく頭を突き抜けるような声でといいますが、口より上で声を響かせるイメージをすることが大切です。

実は音というのは、低い位置をイメージするとそれだけ音が下がってしまうそうです。

なので口よりも上で音を響かせるイメージというのは、有効的な方法だと言えます。

もしこれでうまくいかない時は、後ろに音を飛ばすイメージで歌うといいそうです。

呼吸も大切

安定感のある高音を出そうと思っているのなら、何よりも呼吸が大切。

ポイントは「鼻呼吸をやめないこと」です。

歌は基本的に鼻呼吸をして歌うのが良いと言われています。

ただ鼻呼吸は止まってしまいがちですし、声が高音になればなるほどその傾向は強くなります。

音を安定して出すためには、安定した呼吸が必要ですが、口呼吸だけではそれがうまくできません。

口からはもちろん、鼻からも息を出すことを心がけることで、うまく呼吸をすることができます。

・鼻がつまっている場合は高音を出すのは難しい

例えば花粉症などの季節性の物、慢性の鼻炎持ちの方などは、こういった呼吸が難しくなります。

ですので、高音をうまく出したいとお悩みの方は、まずはこういった症状を緩和させることから始めましょう!

リラックスして歌おう!

最後に大切な事は、リラックスをして歌う事です。

体に力が入ることで、喉を締めることになり高音が出せないばかりか喉を傷める原因にもなります。

また、喉の筋肉を鍛えることで、より高音が出しやすくなるのですが、有効なのがリラックスして歌う事なんです。

ですので高音だからと力を入れず、リラックスして歌うようにしましょう!

【スポンサードリンク】

ポイントを押さえて歌ってみよう!

高音をうまく出すコツは、ちょっとした事です。

意識を変えるところから、あなたも始めてみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ