学生の一人暮らしに必要なものは?必需品とあったら便利なものリスト。

春から学生生活をスタートさせる人の中には、初めての一人暮らしに戸惑っている人もいるのではないでしょうか。

学生さんが一人暮らしをするのに必要なものは、新生活を始める前にリストアップして準備しておけば引越し後に慌てずに済みますね。

そこで、学生さんが本当に必要なものと、後々揃えられるものを分けてリストにまとめてみました。

リストの中でも、初日から絶対必要なものだけを先ずは揃えておいて、他のものは住みながら必要に応じて揃えていくのも良いでしょう。

住む部屋によっても揃えるものが多少異なりますので、物件の確認は事前にしておくと良いです。

【スポンサードリンク】

住み始めから絶対に必要なもの

はじめに、住み始めた初日から必要なものを挙げてみましょう。

●寝具

布団のセットが一組必要です。

夏場は大丈夫かもしれませんが、寒い時期に寝具が無いと体が休まらず辛い思いをします。

ベッドにするかどうかは、部屋の間取りで決めましょう。

6畳未満のお部屋は、シングルサイズのベッドを置くと窮屈に感じるかもしれません。

●カーテン

お部屋の中が丸見えになってしまいますので、プライバシーの面では必需品です。

事前にサイズを確認しておきましょう。

●照明器具

部屋によっては、照明器具が付いていない事があります。

設置箇所を確認して、合うものを用意しましょう。

●掃除道具

住み始めの荷物が少ない時に、しっかり清掃しておきましょう。

フローリングであれば、とりあえずシート型の掃除用品やモップ、雑巾などで十分です。

拭き掃除用のスプレーがあると重宝します。

●トイレットペーパー

生活を始めるのに絶対に必要です。1つは用意しましょう。

●洗面用品

旅行用のものや、今まで家で使っていたものを持って行きましょう。

タオルも、家のものを持って出ると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

後々揃えられるもの

家電製品などは部屋の間取りや、ご自身のライフスタイルに合うものを揃えるのがおすすめです。

料理をどの程度するのか、またコインランドリーの利用の有無など、よく検討して揃えましょう。

●冷蔵庫

自炊するのなら、2ドアで冷凍庫付きのものが良いです。

大きさは小さいものだと100ℓ未満からありますが、130ℓ〜180ℓ内外が使いやすいでしょう。

全く料理をしないのであれば、小型のもので十分です。

物件によっては、キッチンに備え付けの場合もあります。

●洗濯機

コインランドリーを利用するのであれば必要ありませんが、そうで無い場合は必ず必要になります。

揃える前に必ず設置場所を確認しましょう。

一人なら5kg内外の大きさの、全自動洗濯機がおすすめです。

●食器類

家で使っていたものを持っていき、使う分を後で揃えるのがおすすめです。

お皿とお椀、お箸は最低限用意しましょう。

●キッチン用品

自炊するなら、フライパンと鍋を一つずつ用意するのが良いでしょう。

フライパンのサイズは22cm〜26cm、鍋は16cm〜20cm内外が使いやすいでしょう。

包丁、まな板、缶切り、栓抜きなどは1つずつ、食器洗剤とスポンジも用意しましょう。

●バス、トイレ用品

シャンプーやボディーソープ、歯ブラシなど日用品と、清掃用具を揃えましょう。

●パソコン

学校の課題をするのに必要になるでしょう。

テレビもインターネットで見れますので、大きなテレビは後々必要に応じて揃えるのがおすすめです。

●テーブル、収納など家具類

部屋の間取りに合わせて、家具類は慎重に選びましょう。

特に収納の有無によっては、収納用の棚などが必要になります。

テーブルまたは机は食卓兼作業スペースになりますが、机だと椅子も必要です。

あったら便利なもの

ここでは必需品ではありませんが、あると生活しやすくなるものをご紹介します。

生活しながら、ご自分のスタイルに合わせて選びましょう。

●電子レンジ

食品の温めや料理の下ごしらえに、あると重宝します。

●掃除機

あると掃除が手早くできて便利です。

特にカーペットを敷く場合は、必要になるでしょう。

●電気ケトル

すぐにお湯が沸かせるので、飲み物やカップ麺などを作る時に便利です。

●炊飯器

自炊を初めてする人でも、セットしておけば簡単にご飯が炊けます。

一人なら3合炊きで十分です。

●テレビ

テレビは置き場所や部屋の広さを考慮して、サイズを選びましょう。

効率よく無駄なく準備をしましょう

最近はネットで購入する方がお得に揃うこともあります。

価格の比較ができ、口コミも参考にできます。

しかも引越し後に届くようにしておけば、すぐに生活ができるようになりますから楽ですね。

キッチン用品など細々したものは、100円均一やドラッグストアーなどでも揃います。

大型の家具などはお部屋のサイズをよく確認してから、慎重に購入しましょう。

節約したいのなら、リサイクルショップなどもおすすめです。

冒頭でも触れましたが、最初から揃えすぎず、生活しながら必要なものを揃えると無駄が出ません。

少しずつ快適な空間を作っていきましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ