英語の名前の意味や気になる由来。人気の名前が知りたい!

グローバルに活躍する子になって欲しいと、お子様に英語の名前を検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、海外の有名人の名前の意味なども気になったりしますね。

日本語の名前に意味があるように、英語の名前にもそれぞれ素敵な意味があります。

英語の名前の意味や由来を知ることで、お子様にもぴったりの名前を選びたいものですね。

【スポンサードリンク】

英語の名前が同じようである意味とその由来

英語の名前には、同じようなものが多いものです。

例えば、”John”(ジョン)という名前。

あの人も、この人も、John さんだったりします。

日本だと最近は特に凝った名前を付けることが多いので、それと比べると少し没個性的な感がします。

実は、英語の名前の多くは、キリスト教の聖書の登場人物の名前が由来となっています。

先ほど挙げた”ジョン”も聖書の登場人物です。

男性名だと他には、”マイケル”、”マシュー”、”ディヴィッド”など、これらは聖書からの引用になります。

女性では、”サラ”、”レイチェル”、”エリザベス”などがそれに当たります。

どうりで、皆同じような名前だったりすることが多いのですね。

【スポンサードリンク】

英語の伝統的な名前と意味

では、これらのよく見かける名前の意味はどのようでしょうか。

男性、女性それぞれ例を挙げてみましょう。

●男性名

Adam アダム:ヘブライ語で地面を意味するadamahが語源です。同時に人間という意味でもあります。
 
Danielダニエル:ヘブライ語で「神は私を裁く主」という意味があります。旧約聖書では”預言者”とされています。

Davidディヴィッド:ダビデの英語形がディビッドです。愛されるものという意味があります。

Joshuaジョシュア:ヘブライ語のヨシュアの英語形。ヤハゥエは救いと言う意味を持ちます。

Michaelマイケル:聖書に登場する大天使ミカエルの英語形です。

●女性名

Annaアンナ:ヘブライ語のchannahが語源で慈しみの意味です。

Elizabethエリザベス:ヘブライ語で我が神は誓いという意味だそうですが、諸説あります。

Naomiナオミ:ヘブライ語で快い、愉しみの意味があります。

Rachelレイチェル:ヘブライ語で子羊の意味。とても美しい女性だったとか。

Sarahサラ:高貴な女性という意味。聖書に出てくる女性は元々サライという名前で後に改名されています。

英語名にも流行りの名前はある?

海外でも有名人やキャラクターなどから名前をつけたりする風潮は、やはりあります。

今年のTOP10入りしている名前の中では、Emma(エマ)、Liam(リアム)などがそうですね。

それから、フランス語の名前やラテン系の名前なども、最近ではよく見かけられるようになりました。

今年のTOP10入りしている名前の中で、Mason(メイソン)やCharlotte(シャルロット)などはフランス語の名前、Mia(ミア)や

Lucas(ルーカス)はラテン系の名前です。

当然の事ながら、英語の名前の中にもキラキラネームはあります。

ユニークな名前としては、例えば色のIndigo(インディゴ)、Crimson(クリムゾン)、惑星のJupiter(ジュピター)、Mars(マー
ズ)、他にはSunday(サンディー)などでしょうか。

今年の英語名のランキングは?

ではここで、2017年人気の赤ちゃんの名前のトップ5をご紹介します。

●男の子

1. Liam(リアム)
2. Noah(ノア)
3. Mason(メイソン)
4. Lucas(ルーカス)
5. Oliver(オリヴァー)

●女の子

1. Emma(エマ)
2. Olivia(オリヴィア)
3. Ava (アヴァ)
4. Isabella(イザベラ)
5. Sophia(ソフィア)

いかがでしょうか。

やはり、セレブや映画などの影響も感じられるような結果とも言えます。

ちょっと日本のお子様に名付けるのには、漢字で宛てにくいものも見られますね。

この中に、皆さんのお好きな名前はありましたか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ