危険な使い方していない?コンタクトの洗浄液は期限切れの物は使わないで!

毎日使っている方も多いコンタクト。

そんなコンタクトをあなたはきちんと使っていますか?

例えばコンタクトの洗浄液。

期限切れの物を使っていませんか?

コンタクト自体はきちんと管理している方も多いですが、洗浄液は多少期限切れでもいいと思っている方も多いかもしれません。

しかし、コンタクトは直接目に貼りつけるもの。

コンタクトをキレイにする洗浄液の管理もきちんとしておきたいですよね。

そこで今回は、コンタクトの洗浄液を使用期限と、期限切れした物を使うリスクについてご紹介します!

【スポンサードリンク】

コンタクトの洗浄液、使用期限ってどのくらいか知ってる?

まずはコンタクトの洗浄液がどのくらいの間使えるのかをご紹介しましょう。

もちろんボトルに書いてあるものも多いのですが、そうでないものもありますので参考にしてください。

理想は3カ月

消費期限についてはボトルに記載されている場合は、その期限に合わせて使いきればOKです。

大体1~2年位を目途に作られているものが多いようです。

ただ、そういった記載がないものに関しては、3カ月位を目途にするとより安心です。

もし余ってしまっても、廃棄するようにしましょう。

記載がある物も、開封後はできるだけ早めに使いきる方がおすすめです。

ただし、一本で保存もすすぎも洗浄もできるタイプのものは1~1カ月半で使い切りましょう。

実は消毒効果が弱いこれらの洗浄液は、指やコンタクトのケース等に注ぎ口が触れると、ボトル内で細菌が増える恐れがあります。

ですので毎回たっぷりと液を使って必ず早めに使いきってしまいましょう。

保存に使っている洗浄液について

では容器に入っている洗浄液ではなく、コンタクトを保存するためにつけ置きしている洗浄液には使用期限はあるのでしょうか?

当然毎日つけている方は毎日取り換えていると思いますが、問題は毎日つけていない方です。

コンタクトの洗浄液は医薬品ではありますが、液体ですので腐ってしまいます。

ですので、いくらコンタクトを使っていなくてもずっと取り変えずに入れっぱなしというのは不衛生です。

理想は毎日取り変えましょう。

もしそれができなくても、3日に一回は取り変えたいですね。

特に夏場は液体が腐りやすいので、コンタクトを使わなくてもこまめに取り変えましょう。

【スポンサードリンク】

期限切れした物を使うリスク

コンタクトレンズの洗浄液の使用期限については分かっていただけたと思います。

でも、期限切れでも問題なく使えていると、そんなにこまめに取り換えなくても、なんて思ってしまいますよね。

その考え方は大変危険です。

コンタクトレンズは直接目につけるものですので、当然間違った使い方をした時のリスクはとても大きいんです。

では一体どんな危険性があるのでしょうか?

角膜異常

使用期限を守らないと、その洗浄液の効果も弱まってきます。

先ほども少し話しましたが、すすぎも洗浄も保存もできるタイプは殺菌が広がりやすかったですよね。

その他の物も使用期限内であればしっかり殺菌してくれても、期限切れになると殺菌してくれなくなるかもしれません。

もし細菌が角膜に入ってしまうと、角膜の異常を引き起こします。

こういった角膜感染症になると、コンタクトを使えなくなることはもちろん、視力低下にもつながります。

酷い場合は角膜移植、なんてことにもなるかもしれません。

目の痛み

細菌が入ることで、目に痛みを感じることもあります。

かなり痛むこともあり、苦しい思いをすることになりますので、きちんとケアするようにしましょう。

また、医師に相談することも必要です。

失明

洗浄液だけに限った事ではありませんが、きちんと使用期限を守ってコンタクトのケアをしないと、失明する可能性があります。

目から入った細菌は、視力を低下させると言いましたが、それでも続けて間違った使い方をすることでよりひどい状態に。

そのままどんどん症状が進行すると失明してしまいます。

こうなるともう取り返しが付きません。

もし間違った使い方をしていて視力が落ちてきていると感じたら、すぐにきちんとしたケアをするようにしてください。

また眼科へ行って相談することもとても大切です。

たかが消費期限と思わないで!

食べ物はもちろん、こういった物も消費期限を守ることが大切です。

特にコンタクトの場合は、間違った使い方で失明になることもあります。

使用期限はキチンと守って、正しく安全にコンタクトを使いましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ