あなたは貯金がきっちりできてる?お金が貯まる人と貯まらない人の差をご紹介!

あなたはキチンと貯金ができていますか?

計画的に貯金ができているという方もいれば、そうでない方もいらっしゃいますよね。

でもお金が貯まる人、貯まらない人にはどんな違いがあるのでしょうか?

今回はお金が貯まる人と貯まらない人とを比較し、その違いをご紹介します!

もしあなたがお金が貯まらない人なら、ぜひ今回の記事を呼んでお金が貯まる人になってくださいね!

【スポンサードリンク】

お金が貯まる人、貯まらない人の違いとは?

お金が貯まる人、貯まらない人の違いは意識の違いと言えばそれまでですが、もっと根本的な習慣や考え方も違います。

貯金をしたくてもなぜかできない、と言う方は知らず知らずのうちに「お金が貯まらない人」の考え方をしているのかも。

お金の使い方

とても基本的な事ですが、お金の使い方が身の丈に合っていないと貯金ができません。

節約するところは節約する、そういった事が出来ていないとお金が貯まるはずありませんよね。

毎月の貯蓄額を決めているかどうか

例えば毎月コンスタントに1万円貯金している方はまずは貯金額を確保しておきますよね。

そうでない方は「使って残った分を貯金」としている方が多いようです。

しかしお金があると使ってしまう事も多いので、これは結果的に貯金の出来ない方法です。

細かい出費をトータルで考えていますか?

例えば、ランチに毎日ワンコインの物を食べている、と聞くとリーズナブルに感じますが、トータルで考えるとそうでもありません。

1ヶ月30日とすると500円なら15,000円ですから、食費として考えるとなかなかの出費ですよね。

こういった出費をどう考えているかによっても、貯金できるできないが変わってきます。

細かいお金を大切にしているかどうか

これも細かい出費と少し関連していますが、細かい出費を「このくらいの額ケチケチしたくない」と言う方は貯金が貯まりにくいです。

細かいお金でも「お金はお金」とムダ使いしない事がとても大切です。

使いどころをキッチリ知っていますか?

お金を大切にする方は、ここぞという時にお金をポンと使います。

ムダ使いをせず、お金を使いどころを知っている方は、上手なお金の使い方をしていると言えそうです。

お財布は綺麗にしていますか?

貯金ができる人はお金の入れ物である財布を綺麗にしている方が多いようです。

キッチリと整理するクセを作ることが大切です。

いかがでしょうか?

もしあなたがお金が貯まらないというのなら、ご紹介した事を少し考えてみてください。

【スポンサードリンク】

具体的にどう返ればいいの?

貯まる人と貯まらない人の差を見てきました。

では貯まらない人は具体的にどういった事をすればいいのでしょうか?

長期にわたる計画を立てましょう

何十年にもわたっての金銭的な計画を立てることがとても大切です。

やはり長期的な計画を立てるとなると、月々に溜める貯金額もおのずと決まってくるはず。

まずは計画を立てるところから始めましょう!

ATMを頻繁に使ってはいけません

ATMを頻繁に使うという事は、計画性がない証拠です。

1カ月に1回、○○万円おろすといった計画性を立てておろすようにしましょう。

財布にお金がなくなったら下ろすと言った方法は、お金が貯まらない原因の一つです。

お金の動きを明確にしましょう!

例えば月々の引き落とし用の口座、貯金をしている口座、生活費をおろす用の口座と分けておけば、お金の動きがとても分かりやすいですよね!

動きが見えないと、いくら今月は使えるのかと言った事も分かりづらく、お金が貯まらない原因に。

突発的な事に対する貯金も

例えばとてもきっちりと決められた金額を貯金していても、お葬式などの突然の事に貯金を崩すこともあると思います。

そうなると、貯金が嫌になってしまう事も。

こういった事にも対応できる貯金もしておくようにしましょう!

安物を買いすぎない

「安物買いの銭失い」という言葉もあるように、安いからと考えずに買うのはムダ使い。

100円ショップであってもキチンと考えて出費するようにしましょう!

保険の見直し

保険は掛け捨ての物もあります。

その保険が自分に合っているかどうか、考えることがとても大切です。

お金を大切にすれば、きっと貯金できる!

大切な事はお金を大切にすることです。

例え1円でもバカにせず、しっかりと管理して大切にするよう心掛ければ、お金が貯まる人になれるはずです!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ