車のエアコンが臭い!すっぱい臭いがする時の原因と修理料金はどのくらいか知りたい!

毎日通勤で乗っているという方も多い車。

普段から車の臭いはあまり気にしない方も多いと思いますが、そんな方でも気になるのがエアコンの臭い。

なんとも言えないエアコン独特のすっぱい臭いは、運転手はもちろん同乗者も酔ってしまう事がありますよね。

一体なぜあんなすっぱい臭いがするのでしょうか?

そして、修理をするとどのくらいの料金がかかるのでしょうか?

今回は、そんな車のエアコンからすっぱい臭いがする時の原因と、修理料金についてご紹介しましょう。

すっぱい臭いを我慢していると健康的にも良くないんです。

ぜひ今回の記事の料金等を参考にして、臭いがする方は修理も検討してくださいね。

【スポンサードリンク】

車のエアコンが臭い時、特にすっぱい臭いがするのはなぜ?

それではまず、車のエアコンからなぜすっぱい臭いがするのかという事についてご紹介しましょう!

きっとこの原因を知ったら、もうそのままにはしておけないはず。

臭いの正体はカビやほこり

酸っぱい臭いの原因は、ズバリカビやほこりです。

もちろんそんな臭いになる時は、エアコンも汚れていますので汚れも臭いの原因の一つとなっています。

このカビやほこり、汚れというのが少しぞっとするようなもので出来ています。

車のエアコンはエバポレーターという部分を通って冷たい空気を送りだしています。

この部分には、周りの空気が冷やされて除湿する効果がある一方で、風を送り出すファンに水滴が付きやすい状態となっています。

この水滴がカビとなり雑菌が繁殖した臭いがあのすっぱい臭いとなります。

また、ある程度水滴が放出されても、その部分にはカビだけでなく埃や動物の毛が付着することもあります。

その為その部分にはダニも発生し、その死骸の臭いもあのすっぱい臭いの原因となります。

フィルターもありますが、このフィルターがそもそも汚れてしまうとそこにカビが繁殖します。

これもすっぱい臭いの原因に。

当然、これらのカビやほこりはエアコンを通して車内にまき散らされます。

ちょっとぞっとしますよね。

【スポンサードリンク】

臭いはどうすればとれる?料金はどのくらいかかる?

それではこのカビやほこりなどを取るのはどうすればよいのでしょうか?

この対策をすることで、臭いもしなくなるはずです。

エアコン内の内部クリーン

まずは料金の発生しない方法をご紹介しましょう。

1、一番強風で、なおかつ一番熱い温度の暖房運転を行います。

どちらも一気に上げてしまいましょう、5分ほど行えばOKです。

2、その後は暖房を緩めてください。

しばらくおいたら暖房のスイッチは切ってもOKです。

とっても簡単なのですが、これは普通の部屋用エアコンで言うところの内部クリーン機能になります。

水分を蒸発させ、カビの根を根絶させることができます。

ただそれでも臭うのなら、やはりフィルターを交換したり、エバポレーターを掃除する必要があります。

フィルターの取り換え

まず行うのがフィルターの取り換えです。

自分の車に合うものであれば、市販されている物を購入して自分で交換してもOKです。

料金は1000円しないこともありますが、大体2000円から5000円程度です。

ディーラーで購入してもそんなに値段は変わりませんので、不安な方はディーラーに相談してみるのも良いかもしれませんね。

ただし、取り付けまでしてもらう場合は工費が別途かかりますので注意しましょう。

洗浄

先ほども少し搭乗したエバポレーターを掃除しましょう。

もう何年も乗っていて一度も洗浄したことがないという方は、この機会に丸洗いしてみませんか?

ただ、完全に掃除しようと思うとエバポレーターを外す必要があります。

これは素人にはかなり難しいので自動車電装整備屋に相談してみるのがいいと思います。

ディーラーでも完全に取り外して洗浄をしてくれる訳ではないので、注意してくださいね。

大体¥10000~¥20000程度で行ってくれるようです。

市販のクリーナーは3000円程度から売っていますが、完全に汚れは取り除けませんのでご注意ください。

ただ、日ごろのケアとしては使えそうですね!

株式会社 中村電池

上記でも丸ごと洗浄を行ってくれますので、参考にしてくださいね!

エアコン内はいつもきれいに!

車のエアコンのすっぱい臭いは、カビやほこり、汚れが原因でした。

これらは体にもよくありません。

ぜひ今回ご紹介した方法で、エアコンを綺麗に洗浄してくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ