忘年会はゲームで楽しもう!大人数で出来る盛り上がるゲームが知りたい!

一年お疲れ様の意味を込めて行われる忘年会。

飲み会だけという会社も多いと思いますが、今年はそんな忘年会にゲームを取り入れて入れてみませんか?

大人数で盛り上がるゲームを取り入れれば、きっと仲間同士の絆も深まるはず!

そこで今回は、そんな忘年会でぴったりの大人数で楽しめて、盛り上がるゲームをご紹介しましょう。

ぜひ今年の忘年会で取り入れて、大人数で盛り上がってくださいね!

【スポンサードリンク】

忘年会にゲームを取り入れて!大人数で出来て盛り上がるゲームとは?

それでは早速、忘年会向けのゲームをご紹介しましょう。

大人数向けですので、会社の方みんなで盛り上がってくださいね!

あとだしじゃんけん

場所も使わず、一番手軽にできるゲームと言えばこの「あとだしじゃんけん」!

基本的な大人数のルールは、親とのじゃんけんで勝ちぬいて、最後まで残った人が優勝ですよね。

じゃんけんと言えば勝つ物ですが、このゲームでは勝つのが正解とは限りません。

親が自分の手を出す前に「負けてください」と声をかければ、その手を見てじゃんけんに負けなければいけません。

だから「あとだし」になるんですね。

「じゃんけんぽん ぽん」のリズムで行います。

2回目の「ぽん」の時に、あなたの手を出してくださいね。

これが意外と難しくて、負ける手をと思っていても、反射的に勝ってしまうんです。

お酒がない状態でも難しいので、お酒が入ると難易度はさらにアップ!

手軽なのに盛り上がりますよ!

もちろん勝ちぬいた方には景品を。

ビンゴ

ド定番中のド定番ですね。

ビンゴマシーンやくじは必要ですが、比較的省スペースで行う事ができ、手軽です。

ゲームが苦手という方でも、ビンゴならやってもいいという方も多いですよね。

お酒も飲みながら行う事ができるので、意外と盛り上がる物。

番号のシンプルなものでもいいですが、会社で扱っている商品や人の名前などにするのもおすすめです。

景品を豪華にすれば、みんなの目の色も変わるはず。

定番すぎると敬遠せず、ぜひ取り入れてくださいね!

ジェスチャーゲーム

こちらもおなじみと言えるかもしれませんね。

代表者は言葉を使わず、お題をジェスチャーで伝えます。

何のジェスチャーをしているのか当てたら勝ち。

部署ごと等のチーム戦でも楽しいですし、全員で当てに行ってもいいですね。

もちろん勝ったチームや個人には景品を。

定番ですが、意外と盛り上がりますよ!

○×ゲーム

ちょっとした場つなぎの時にもお勧めなのがこちら!

テレビなどのように、○のコーナー、×のコーナーへ移動してもらってもいいですし、手で×や○を作ってもらうだけでもOK。

内容は「時事ネタ」が鉄板で一番気も使いません。

会社関連の問題にする場合は、社長や上司などの方のことをネタにするのが良いですが、人によっては問題にされるのは嫌だという方もいます。

トラブルにならないよう、会社関連の問題は十分気をつけてくださいね!

スタンドアップゲーム

シンプルに立つ人数を当てるゲームです。

大人数なので、チーム戦で行うのが良いですよ。

選ばれたチームが前に出て、1人ずつ立ち上がる人数を予想して発表します。

その発表と同時に、チーム以外の方が立つ、もしくは座ったままで対応します。

発表した人と同じ人数が立っていたら発表者の勝ちです。

勝ちの人数が多いチームが優勝となります。

人数が多ければ多いほど予想が難しいので、盛り上がりますよ!

ロングストロー早飲み競争

今パーティ用のロングストローというのが売られています。

これを使って、誰が一番早く飲めるかを競争するゲームです。

全員行ってもいいのですが、チームのうちの代表者にやってもらうのが良いですね。

チーム線のゲームをいくつかやるうちの一つとしておすすめです。

とても大切なのは、ここで飲んでもらう飲み物はジュースやお茶などにすること。

アルコールにすると、急性アルコール中毒になる可能性があります。

間違ってもそう言った物にはしないようにしましょう。

お子さんなどがいる場合は、少量でチャレンジしてもらって、お子さんだけには全員参加賞をプレゼントするのもいいですね!

【スポンサードリンク】

一年お疲れ様の気持ちを込めて、楽しい忘年会に!

忘年会で大切な事は、楽しい会にすること。

全員が笑顔になるような、そんな会になるように楽しいゲームを取り入れてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ