アトラクションの待ち時間にできるオススメの暇つぶし

こんにちは!今年も夏休みが始まりましたね♪

お出かけの予定はもう決まっていますでしょうか?

長期休暇に混み合う場所と言えば…そう、テーマパーク!!

テーマパーク、確かに楽しいです。

なのですが…アトラクションの待ち時間、苦痛ではありませんか?

私も苦痛を感じる中の1人です。

並ぶ時間はあんなに長いのに、アトラクションはあっという間に終わってしまいますよね。

並ぶのも楽しい!そういう方は1日中楽しめますが、そんな方は中々居ないのでは…と思います。

そこで今回は、アトラクションの待ち時間にできる暇つぶしのアイディアをご提案します!

また、お子さん連れの場合の暇つぶしもいくつかご紹介していきたいと思いますので、参考にしてみてください♪

【スポンサードリンク】

オススメの暇つぶしアイディア

しりとり

まずは定番のゲーム「しりとり」
少し変化を加えるとするなら…

三文字しりとり(りんご→ごりら→らっぱ…)
テーマしりとり(うみ→みずぎ…)
ジェスチャーしりとり(口に出さずジェスチャーのみで行う)

大喜利ごっこ

「こんな○○はイヤだ」などのお題に合わせてそれぞれが回答を出していきます。
それに対して周りがツッコミを入れたり、ポイント制にして優勝者を決めたりすると盛り上がります。

20の扉

1.出題者は予め答えとなる単語をひとつ決めておき、回答者たちには秘密にする
2.回答者たちは出題者に対して「それは食べ物ですか?」「動きますか?」などの質問をしていく
3.質問にはYES/NOで答える
4.質問の回数が20回以内に答えにたどり着くことが出来ればクリア

意外と難しいので、何度やっても盛り上がります。

ドレミファゲーム

全員がドレミの歌を知っている必要があるゲームです。

1.最初の人が「ドーはドーナツのドー」と歌い、その後に「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」のどれかを言いながら次の人を指さす
2.次の人は言われた頭文字から始まる部分を歌う
3.1~2を繰り返していく

歌詞・リズム・音程を間違えたらアウト!
「ミーはみんなのミー」をレやファのリズムで歌ってしまうことが多いようです…!

究極の質問ゲーム

1.順番を決める
2.1番の人に1回ずつ質問をする
3.質問には必ず答えなくてはならない

とてもシンプルなゲームですが、何を質問されるのかとドキドキします…。
空気が悪くなるような究極すぎる質問は避けましょうね。

【スポンサードリンク】

子供連れの場合の暇つぶしアイディア

どっちに入ってる?ゲーム

片手で隠せるものなら何でもOK。
子供に見えないようにどちらかに隠して両手をグーの状態で出し、子供が当てるというシンプルなゲーム。
意外と盛り上がり、何度もやりたがる子も多いですよ!
逆に、子供が物を隠すバージョンもおすすめです!少し見えていてもそこは目をつぶってあげましょう…!

色探し・形探し

色であれば、「赤いものを2つ見つけて!」と言って子供が探します。
形も同じように、「丸いもの、どこかに見つけられる?」と言って子供が探します。

子供は色や形にとても関心があります。
また、子供の想像力も膨らみ、日常生活の中でも様々なことに気付く力を養うことが出来ます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

使えそうなアイディアは見つかりましたか?

待ち時間を有効に使って、1日思う存分満喫しましょう♪

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ