30代、40代の方に!体や足の疲れを取る方法♪

30代、40代の方と言うと、一番働き盛りでバリバリお仕事をしている、という方も多いですよね。

もしくは子育てに追われて、毎日休みなく頑張っている親御さんも多い時期。

でもそんなに頑張る30代と40代だからこそ体や足に疲れが出やすい物。

一晩眠っても、なかなか疲れが取れない!なんてお悩みの方も多いかもしれませんね。

そこで今回はそんな頑張る30代と40代の方に捧げる、体と足の疲れの取り方をご紹介しましょう!

ぜひ今回の取り方を参考に、疲れた体と足を癒してくださいね!

【スポンサードリンク】

30代の方にお勧め!体と足の疲れの取り方

それではまず最初に、30代の方の疲れを取る方法をご紹介しましょう!

20代までとは明らかに疲れが取れにくくなっている、そんな方は是非参考にしてください。

体の疲れを取る方法

なんとなくだるい体全体の疲れ。

そんな時はぜひご紹介することをぜひ守ってくださいね。

・適度な運動と食事、睡眠

なかなか難しいかもしれませんが、これができているのと出来てないのとでは全然疲れの出方が違います。

特に食事と睡眠は他の事を削ってでも死守すべきです。

また、筋肉量が落ちる30代は適度な運動をして筋力をつけることも大切です。

まずは筋トレやヨガなど最初は小さな回数からで構いませんので、毎日頑張って続けてみましょう。

・内臓にも目を向けて

体が疲れているという事は、内面にも相当な疲労が貯まっています。

内臓は声を出すことができませんので、内臓をいたわるような優しい食事にしましょう。

栄養豊富な物を取り入れてバランスの良い食事を取ることも大切です。

・体を温めましょう

体は冷えると体調を崩しやすくなります。

ですのでゆっくりとお風呂にはいったり、暖かい物を食べるといった体を温めることを大切にしてみましょう。

足の疲れを取る方法

例えば営業等でよく歩いているという方は、特に足に疲れがたまるという方も多いかもしれませんね。

そんな方は以下の事を注意してみましょう!

・靴を変えてみましょう

靴があなたに合っていないと疲れやすくなります。

よく動く方はそれだけ筋肉が疲労していますので、負担を減らすような靴を選ぶことが大切です。

インソールを変えたり、すこしゆったりとした靴に変えてみるのもおすすめです。

・マッサージをしましょう

筋肉が疲労すると血のめぐりも悪くなります。

ですので、ゆっくりとリラックスしている時や入浴中にマッサージしてみましょう。

もし、そんな暇もないというのなら歩き方を変えることもおすすめです。

足を引き上げて歩くだけで、血のめぐりがよくなりますよ!

【スポンサードリンク】

40代の方にお勧め!体と足の疲れのとり方

それでは40代の方はどうすればよいのでしょうか?

体の疲れの取り方

基本的には30代とそれほど変わらないのですが、細かい所で少し変わってきます。

・睡眠の質を上げましょう

睡眠をとっても疲労が取れない、という方は睡眠の質が悪いのかもしれません。

寝つきが悪かったり何度も起きるといった方は、運動したり体を温めたりして、眠りやすいように環境を整えましょう。

また、どうしても駄目という方は医師に相談することも大切です。

・湯船に必ず浸かりましょう

体の老廃物が貯まりやすい40代の方は、湯船につかって血行を促進するようにしましょう。

入浴剤などを入れるのもおすすめですよ!

・サプリメントもうまく取り入れて

栄養が不足している、という方はサプリメント等もうまく取り入れましょう。

もちろん食べ物で補給するのもいいですね!

足の疲れのとり方

こちらも基本的に30代と変わりません。

歩き方に気をつけてマッサージをして血行を良くするようにします。

ただ更にプラスアルファするといいこともあります。

・健康サンダルを取り入れる

健康サンダルは今いろんな種類が販売されています。

つぼ押しの物もいいですし、フィットしてあなたの足の負担を減らしてくれる物もあります。

あなたに合った物を選んでみてくださいね!

・ボコボコは病気のサインかも

疲れだけではなく、足がボコボコしていたりむくみや足がつるといった症状がある時は、何か病気のサインかもしれません。

ぜひ一度病院等で相談してみてください。

疲れはうまく取り除いて元気に過ごしましょう!

どれだけ動きたくても疲れているとなかなかそれもできません。

そんな時は今回の記事を参考にして、ぜひ疲れをとってみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ